THE兼業農家

私の実家は兼業農家でした。

還暦をとっくに過ぎた父は、もう会社づとめを終えているので、兼業だった農家が専業になりました。

でもこれを専業農家というと語弊があるので、そのまま兼業農家と言っています。

SHIMIZU

専業農家って言ったら、田んぼがひろーい印象になっちゃうもんね

私は「1つの農家が大きくやるべき」という考えなので、世代交代するときには田んぼを全部売っぱらっちゃうと思います。

そのほうが生産性が上がって、日本のためにもなると思います。

でも、まだ世代交代は進んでいません。

我が家は相変わらず細々と農業を続けています。

それに伴って、私も駆り出されるのです。

SHIMIZU

まあ、手伝いを買って出てると言ったほうが正しいかな

ということで、今日は朝7時から籾摺り、その後稲刈り、夕方からはLilyというハードな一日でした。

体も悲鳴を上げるかなと思ったんですが、そうでもありませんでした。

疲労感からすると、なんか大したことない……。

SHIMIZU

若いんだな、きっと

体を動かす仕事も悪くはないんですが、頭をつかう仕事のほうが好きです。

中学生の質問で、ぱっと答えられない問題とかが出てくると楽しくなっちゃいます。

塾講師にはこういうタイプが多そうですね。

明日も籾摺りが待っています。

30kgの米袋を持ち上げる作業です。

SHIMIZU

せっかくの休みなんだけどなぁ

兼業農家の宿命ですね。

以上、自己紹介的な記事でした。

この記事を書いた人

学習塾Lilyの講師。筑西市出身。
「いかにわかりやすく教えるか」を追求することを好むが、教えすぎない指導を心がけている。

目次