Lilyに通ってくださっている方へ

学習塾Lilyに通塾していただき、ありがとうございます。

当塾のシステムやルールについてまとめておきますので、ご一読お願いいたします。

 

 

相談受付窓口について

学習塾Lilyは基本的に私(清水)1人で運営してますが、妻に教室のお掃除などのサポートもしてもらっています。
さらに「相談受付窓口」として妻の那奈美専用のメール窓口を設け、対応してもらっています。

 

nanami@lily-juku.com

・女の子に関するご相談
・私(清水)には言いにくいこと

具体的には
・トイレが使用しづらい
・教室内が暑いor寒い
・授業がわかりにくい
・質問しにくい

などなど、どんな些細なことでも良いので、相談したい内容があったらメールを送ってください。

「清水先生の加齢臭が……」みたいなのでも全然構いません!

友人Y
加齢臭は本当にあるんじゃない?
清水
それはそれで仕方なし

 

何かお困りごとがあったら、抱え込まずに相談してくださいね!

その方が生徒さん自身もLilyを利用しやすくなりますし、こちらとしてもより良いサービスの提供に繋がりますので、Win-Winになると思っています。

メールですのでLINEのようにすぐお返事できるわけではありませんが、できるだけ早急に対処いたします。

 

私どもも家族一丸となって塾生の皆様をサポートしまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします!

 

メール相談窓口: nanami@lily-juku.com

 

 

 

集団授業について

平日のクラス分けした集団授業では英語と数学を中心に、土曜日の学年全体の集団授業では社会と理科を中心に扱います。

集団授業に参加する場合は、開始時間までに来ていただくだけで結構(事前連絡は不要)です。

 

また、他の学年が集団授業をしているコマでも、個別サポート指導(自立型学習)が可能です。

 

集団授業は希望制ですが、授業に出る出ないで学力に大きな差が生まれますので、できる限り授業に出席することをおすすめします。

 

 

 

受講コマについて

定額コースの場合、週5コマまでを選んで通塾していただきます。

選ばなかったコマであっても、そのコマに余り席があれば受講可能です。

その際、ご連絡の必要はございません。

 

 

満席になりそうな場合は事前に一斉LINEにてお知らせいたします。

満席になった場合は、事前にそのコマを通塾コマとして登録している生徒さんが優先されます。

 

 

※夏期講習や冬期講習時も同じく「選択したコマ以外も、空きがあれば受講可能」です

 

 

タブレットを使用するにあたって

学習塾Lilyでは一人一台、タブレットを貸し出しています。

ご自宅でも、塾と同じ学習ができるようになっています。

ただ、ご自宅でのwifi接続が必要となりますので、ご協力お願いいたします。

 

また、生徒さんがタブレットをうまく使いこなせない場合(ゲームやYouTubeに時間を費やしてしまう等の場合)、ペアレントコントロールによって、使用時間や使用アプリの制限が可能です。

お困りの場合はぜひご相談ください。

 

 

 

受講料の納入方法について

受講料の納入方法には下の3つの方法がございます。

  1. 銀行口座振替
  2. 現金納入
  3. Paypay払い

 

銀行口座振替の場合は、27日に翌月分の受講料を口座振替させていただきます。

※27日が土日祝日の場合は後ろにずれます

 

口座振替の対象は茨城県内の銀行や信用金庫などになります。

 

下記の場合、ご希望であっても口座振替ができませんので、現金またはPaypayでのご納入をお願いします。

  • 銀行口座を登録したが手続きが完了していない
    (銀行側の手続きが約1ヶ月かかります)
  • 残高不足などの理由で口座振替ができない

 

現金納入の場合は、毎月20日頃お月謝袋をお渡しいたします。

 

 

 

 

 

 

 

***以下、リリイについてのページと重複した内容です***

出欠確認(管理)について

学習塾Lilyでは、出欠確認(管理)はいたしません。

 

遅れてきたり、休んだりしても、こちらから「どうしましたか?」と連絡はしません。さすがに3連続休みとか、1週間まるまる連絡なしでの欠席などに対してはこちらから連絡させていただきますが……。そうでない限りは、連絡をしません。

 

「送迎の関係で来れないのかなぁ」くらいに考えて、すぐに目の前の生徒に視線を向けています。

 

Lilyには振替授業がないので、欠席にこだわっていないという面もあります。

 

 

 

指導報告書について

学習塾Lilyでは指導報告書を作成・送信いたしません。

 

「本日は連立方程式を学習しました」という報告は、生徒の学力向上には意味のないことだと思います。

私が保護者なら、その報告をされても「ふーん。それで?」となります。

指導報告書の多くは「塾ではここまで勉強しましたよ。ちゃんとやってますよ」というアピールになってしまっているのです。

 

 

指導報告書に「やりました」と書いてあっても、その生徒がその問題をテストでできるかはわかりません。

塾側の「テストで点数がとれなかったとしても、こちらとしてはちゃんと指導しましたよ」という保身のために指導報告書があるようなものです。

 

 

また、報告書作成のために時間もかかります。

学力向上に繋がらないことに時間をかけるのではなく、その時間は次の課題を考えたり小テストを作ったりすることに費やしたいと思います。

 

 

以上の理由から、学習塾Lilyでは作成・送信いたしません。

 

 

ネットワークカメラの映像配信について

学習塾Lilyでは、出欠確認や指導報告書作成をしない代わりに、ネットワークカメラの映像配信をしております。

塾での様子を見たい場合はそちらでご確認ください。

希望者にはLINEにてスマホの設定方法をお知らせいたします。

 

塾内の映像を見た時のお願いがございますので、居眠りを大目に見てあげてという記事もご参照ください。

 

 

定期面談について

学期に1回や年に1回の定期的な面談は行いません。

 

学力向上のためにどうしても面談が必要という場合はこちらから面談を提案させていただきます。

それ以外の「面談の時期だから」という理由での面談はありません。

多くの塾で、夏休み前や冬休み前に面談が設定されているのは、夏期講習・冬期講習の話をする(講座をたくさん取らせる)ためという大人の事情があるからです。

それは学習塾Lilyには無縁のものです。

 

 

また、全てのご家庭が面談を望んでいるわけではないということも承知しております。

それにも関わらず塾側の都合で全塾生の面談をすることはメリットがないように思います。

 

 

私からの面談の提案はほぼありませんが、保護者様から面談を希望される場合は喜んでさせていただきます

面談を希望される保護者様のほとんどは現状に不満があったり、将来に不安があったりすると思います。

それを取り除くことができれば、生徒さんはより一層学習に励むことができ、学力向上が望めます。

何かお困りごとがございましたら、ぜひご相談ください。

 

 

 

 

保護者様へのご協力願いについて

今まで学習塾Lilyが保護者様にお願いしてきたことがいくつかあります。

  1. テスト前の短期目標アンケートを家族一丸となって回答していただく
  2. 生徒さんのスマホやタブレットの使用制限、没収をしていただく
  3. 生徒さんに宿題や課題を伝えていただく
  4. 生徒さんの生活サイクルを整え、睡眠時間を確保していただく

ぱっと思い浮かぶのはこんなところです。

 

基本的に「子の勉強に家族を巻き込む」「子の生活をコントロールする」この2つの柱があり、そのためのお願いをします。これは保護者でなければできないことなので、そういう部分は積極的に保護者様にお願いするようにしています。

 

 

 

 

*********************

以下は、教務的な内容や心構えについてです

*********************

 

 

 

茨城県の入試制度について

茨城県の公立高校の入試制度は大まかに言うと「学力試験」と「調査書」の点数で合否を決める制度です。

学力試験は、3月上旬に行われる英数国理社の5教科500点満点の筆記試験での得点による選抜です。

調査書は、各学年の通知表の評定による選抜です。

 

 

調査書は「1年生の学年末」「2年生の学年末」「3年生の2学期」の成績が使用されます。

9教科オール5なら45点になり、それを3年分なので45×3=135点満点です。

 

 

もちろんどちらも大事ですが、茨城県の入試の制度を考えると「学力試験の結果を重視する」と言ってよいでしょう。

 

 

ただ、調査書(通知表の評定)については、目安として以下のことは頭に入れておいてください。

どの高校を志望するにしても、1はとらないように。

偏差値50程度の高校(下館二高・下妻二高など)を志望する場合は2をとらないように。

偏差値60程度の高校(下館一高・下妻一高など)を志望する場合は3をとらないように。

偏差値65以上の高校(水戸一高・土浦一高・竹園)を志望する場合はオール5に近い成績をとるように。

 

調査書で劣ってしまうとかなり不利になってしまいます。

同じ程度の実力を持った人が集まる高校ですので、調査書で見劣りしないようにしましょう。

 

 

調査書の点数(通知表の評定)を上げるには「定期テストで高得点を取る」「積極的に授業を受ける」「提出物を期限内に提出する」といったことが重要です。

意識次第で上げられるものですので、早いうちから意識して学校生活を贈りましょう。

 

 

 

 

 

志望校について

志望校について過去にブログの記事にしたことがあるので、ご一読ください。

清水
長いのでお時間があるときにでも

 

「どこでもいい」と言わないで

 

志望校を一致させて

 

そして、まだ記事にはしていませんが

「親が諦めないで」というのもいつか記事にしたいと思います。

 

 

 

 

その他、Lilyに通っていて「これはどうするの?」といったことがございましたら、ご意見をどんどんお寄せください。

「このページを充実させること=生徒さんたちが通いやすい環境になること」に繋がりますので、よろしくお願いいたします。

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG