学習塾Lilyのすること、しないこと

通常、塾のWebサイトには「うちの塾はこんなことができます!します!」ということを書くもので、学習塾Lilyにもそういうことが書かれておりますが……。そうじゃないことも書いておきたいと思います。

 

塾を選ぶ段階で知っておいてほしいことを記載します。塾に入ってから「入る前と印象が違ってがっかり」なんてならないようにするためです。入塾をお考えの方はぜひご一読ください。

 

基本的には一人で教室を運営しているため、あれもこれも手を出せないというのが本音です。そのため、一番に据えるのが「今来ている塾生の様子をしっかり見ること」です。それ以外のことは多少簡略化したり、やらなかったりします。

 

学習塾Lilyのすること、しないこと

出欠確認(管理)はしません

遅れてきたり、休んだりしても、こちらから「どうしましたか?」と連絡はしません。さすがに3連続休みとか、1週間まるまる連絡なしでの欠席などに対してはこちらから連絡させていただきますが……。そうでない限りは、連絡をしません。

 

「送迎の関係で来れないのかなぁ」くらいに考えて、すぐに目の前の生徒に視線を向けています。

 

指導システムの特性上、振替授業という概念がないので、欠席にこだわっていないという面もあります。

 

指導報告書を作成・送信しません

「本日は連立方程式を学習しました」という報告は、生徒の学力向上には意味のないことだと思います。私が保護者なら、その報告をされても「ふーん。それで?」となります。指導報告書の多くは「塾ではここまで勉強しましたよ。ちゃんとやってますよ」というアピールになってしまっているのです。

 

指導報告書に「やりました」と書いてあっても、その生徒がその問題をテストでできるかはわかりません。塾側の「テストで点数がとれなかったとしても、こちらとしてはちゃんと指導しましたよ」という保身のためにあるようなものです。

 

また、報告書作成のために時間もかかります。学力向上に繋がらないことに時間をかけるのではなく、その時間は次の課題を考えたり小テストを作ったりすることに費やしたいと思います。

 

以上の理由から、学習塾Lilyでは作成・送信しないことにしました。

 

ネットワークカメラの映像配信をしています

出欠確認や指導報告書作成をしない代わりに、ネットワークカメラの映像配信をしております。塾での様子を見たい場合はそちらでご確認ください。希望者にはLINEにてスマホの設定方法をお知らせいたします。

 

塾内の映像を見た時のお願いがございますので、居眠りを大目に見てあげてという記事もご参照ください。

 

定期面談は行いません

学期に1回や年に1回の定期的な面談は行いません。学力向上のためにどうしても面談が必要という場合はこちらから面談を提案させていただきます。それ以外の「面談の時期だから」という理由での面談はありません。多くの塾で、夏休み前や冬休み前に面談が設定されているのは、夏期講習・冬期講習の話をするためという大人の事情があるからです。それは学習塾Lilyには無縁のものです。

 

また、全てのご家庭が面談を望んでいるわけではないということも承知しております。それにも関わらず塾側の都合で全塾生の面談をすることはメリットがないように思います。

 

私どもからの面談の提案はほぼありませんが、保護者様から面談を希望される場合は喜んでさせていただきます。面談を希望される保護者様のほとんどは現状に不満があったり、将来に不安があったりすると思います。それを取り除くことができれば、生徒さんはより一層学習に励むことができ、学力向上が望めます。何かお困りごとがございましたら、ぜひご相談ください。

 

保護者様にも何かとご協力をお願いしています

今まで学習塾Lilyが保護者様にお願いしてきたことがいくつかあります。

  1. テスト前の短期目標アンケートを家族一丸となって回答していただく
  2. 生徒さんのスマホやタブレットの使用制限、没収をしていただく
  3. 生徒さんに宿題や課題を伝えていただく

ぱっと思い浮かぶのはこんなところです。

基本的に「子の勉強に家族を巻き込む」「子の生活をコントロールする」この2つの柱があり、そのためのお願いをします。これは保護者でなければできないことなので、そういう部分は積極的に保護者様にお願いするようにしています。

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG