己を知る

彼を知り己を知れば百戦危うからず

 

近隣中学では、中間テスト目前になりました。

 

ここで確認してみてください。

範囲内のワークはどれくらい終わらせられているか、を。

 

 

「解答を横に置き、答えを必死で写している」なんてことはありませんか?

 

中学1年生にしてみれば、初めての定期テストですので、ペースも掴めなかったことでしょう。

 

それはそれで構いません。

 

 

今回、散々な結果になるかもしれません。

 

それも、それで構いません。

 

 

駄目なのは「反省しないこと」です。

 

 

 

今回のテストでうまく行ったにしろ、失敗してしまったにしろ、今回はその結果を問いません。

 

今回してほしいのは「その結果に至った理由の解明」です。

 

 

うまくいったからには、うまくいった理由が、

失敗したからには、失敗した理由が、

それぞれあるはずです。

 

 

「一ヶ月前からワークを進めていたから、うまくいった」

「勉強を始めるのが遅かったから、失敗した」

などなど。

 

 

具体的にどんどん挙げてみてください。

 

 

これらを挙げておけば、次の期末テストの時の指針になります。

 

反省点で一つも上がらないようだと、次の期末テストでも同じミスをするでしょう。

 

 

 

また「頑張ったから」「一生懸命やらなかったから」などの主観は、できるかぎり排除しましょう。

 

それを反省として述べてしまうと、「じゃあ、次も頑張れ」「一生懸命やれ」という実のないアドバイスしかできなくなってしまいます。

 

 

 

なので、今回の中間テスト勉強を振り返って、できるだけ具体的に反省点を挙げてみましょう。

 

といっても、中学生には何を挙げればいいか考えるのも大変だと思うので、こちらである程度、誘導したいと思います。

 

 

 

 

【今回の中間テスト勉強について】

中間テストの目標を立てた?
目標が達成できなかったときの罰は決めた?
目標や罰は効果があった?
(罰があるのを知っていながら、やる気になれなかったのなら、その罰には効果がなかったということ)
学校のワークは、学校の授業震度に合わせてやった?それとも直前になって一気にやった?
学校で配られたプリントは答えを見ずに解けた?
範囲内の英単語は100%覚えた?理科や社会の重要語句は100%覚えた?
ワークは2周以上できた?何周やった?
学校の先生の「ここをテストに出すぞ」というポイントをメモした?
テスト1週間前は何の教材を使い、どんな勉強をしていた?
テスト3日前は何の教材を使い、どんな勉強をしていた?

 

 

 

このような質問を通して、反省点を挙げてみましょう。

 

次は何をすればいいかが見えてくれば合格です。

 

 

 

自分はどんな勉強をして、その結果、何点だったのか。

この努力と結果のつながりを、目に見えるようにしてほしいのです。

 

 

 

 

例えば英単語を100個覚える課題があったとしましょう。

そして、全部覚えられたとします。

覚えられた原因を「頑張ったから」にしてはダメです。

「どんな方法で、どれくらいの量や時間でできたのか」を答えられるようにしましょう。

 

「ノートにひたすら書くという方法で、1単語20回ずつ書いて、全部で5時間かけてできるようになった」

こういう答え方ならOKです。

この子の場合なら「5時間で100個覚えられたのなら、次の100個も5時間くらいかかる」という見通しが立ちます。

 

 

また「ノートにひたすら書く」という方法が良かったのかどうかも判断材料になります。

 

 

それに比べて最初の「頑張ったから」では何の対策もできないというのがわかるでしょう。

 

 

 

 

 

うまくいくにしろ、いかないにしろ、その原因をつきとめる作業は、勉強に限らずなんだって必要です。

 

スポーツ選手だって、自分のフォームをビデオに撮ったりして分析して改善しますし、

料理だって、塩が多かったとか少なかったとか、強火でやったのが駄目だったとかがわかっていないと、うまくなりません。

 

 

 

この分析する癖をつけるために、今回私はあえて「○○しなさい」と指示しませんでした。

 

1年で最初の中間テストは、自己流でやってみて、反省点を見つけてほしいからです。

 

 

なので、この機会を無駄にしないようにしましょう。

 

 

 

そして、気が早いですが、中間テストの次の期末テストでは、こちらで「○○しなさい」という指示を出して、ペースメイキングをします。

それが「ワーク10チャレンジ」というプロジェクトです。

 

効率の良い勉強の仕方やペースを教えるので、参加して完走できれば、成績は必ず上がります。

 

 

そのためにも、今回の分析を必ずしてほしいのです。

 

そうすれば、自己流と講師のやり方との違いがはっきりと見えてくるでしょう。

 

 

 

点数や順位にとらわれがちの最初の中間テストですが、同級生とは一味違った見方をして次につなげましょう!

 

 

まずは己を知ること。

全てはここからスタートです。

生徒向けの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG