大人になるということを考えるKYな会話

大人になるということを考えるKYな会話

K:「大人になる」ってどういうことだか知ってる?

 

Y:毛が生える。

 

K:違うよ。

 

Y:毛が薄くなる。

 

K:毛から離れてよ。

 

Y:じゃ、なんだろう。

 

K:他にもあるでしょ。

 

Y:もうないな……。正解は?

 

K:「与える側になる」ってのが、大人になるってことらしいよ。

 

Y:お年玉あげる立場は大人ってことか。

 

K:クリスマスプレゼントとかもね。

 

Y:大人って大変だね。

 

K:でも、自分が子供だった時、プレゼントが貰えたのは周りの大人のおかげ。今度は自分達が与える順番になったってことだね。

 

Y:もう少し子供でいたいね。

 

K:あと20年くらい子供でいられたらいいね。

 

Y:そうだね。

 

K:与えられたものをこなすのが子供。子供に与えるのが大人。

 

Y:子供のが楽だな。

 

K:だろうね。でも、大人の方が楽しいと思わない?

 

Y:そう?

 

K:例えばテレビゲームだとしよう。ソフトを作るのが大人で、子供はそれを実際に遊ぶ。

 

Y:大人は大変で、子供は楽しいじゃん。

 

K:いや、絶対作るほうが楽しいよ。

 

Y:まぁ、その気持ちもわかるけど。

 

K:じゃ、パチンコやる方と、パチンコ屋を経営する方だったらどっちがやりたい?

 

Y:経営する方。

 

K:でしょ?皆が楽しむ場を与える方が楽しいのさ。出す台と出さない台を作って、客を翻弄したいでしょ?

 

Y:自分がパチンコやるより、そっちの方が面白そう。

 

K:大衆をコントロールしている感があるけど、絶対そっちの方が楽しいはず。

 

Y:そうだね。

 

K:仕事も、自分で見つけたり、人に与えたりするのが大人。子供は誰かに仕事が与えられるのを待ってるだけ。

 

Y:俺は子供だな。

 

K:毛が生えたからって、大人になったとは限らない。

 

Y:税金払ってても?

 

K:精神的に大人になるのとはちょっと違うね。

 

Y:選挙権あっても?

 

K:「たいていの人は体が大きくなるだけで、大人になれない」って感じの格言があったよ。

 

Y:へー。

 

K:大人になりたい?

 

Y:いや、別に。

 

K:頭頂部を見ろ。

 

Y:おっさんだ。

 

K:このやりとり、最近多いよね。

 

Y:髪が薄くなってる証拠だね。

 

K:大人になりたくなくても、大人にならざるを得ないのです。

 

Y:なんで?

 

K:次々と子供が生まれてくるから。うちらがいい加減、大人にならないと、子供だらけの世界になっちゃう。

 

Y:楽しそうじゃん。

 

K:まぁ、子供に「ぴかちゅう」なんて名前付けてる親を見ると、子供が子供を産んじゃった感があるよね。

 

Y:やっぱり大人になることって必要だね。

 

K:じゃ、大人になろう。

 

Y:どうすればいい?

 

K:与える側になれば良いんだよ。

 

Y:誰に何を?

 

K:それを考えるのが大人なんだけどね。

 

Y:めんどくさい。

 

K:じゃあ、とりあえずオイラにコンビニの肉まんを与えておくれ。

 

Y:わかった。

 

K:じゃ、気をつけていってらっしゃい。

 

Y:いってきます。って、その手には乗らないよ。

 

K:成長したね。

 

Y:大人ですから。

 

K:じゃ、またね。

 

Y:ばいばい。

 

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG