1/2超過の人生について考えるKYな会話

今日のKYな話では、KとYは最後まで同じ選択肢を選びましたが、妻とやったら結構序盤で反対になると思います。

配偶者は自分にないものを持っている、っていうのが多そうですよね。

 

 

1/2超過の人生について考えるKYな会話

 

K:”未満”の反対って知ってる?

 

Y:”より大きい”。

 

K:20歳以下禁止って言ったら20歳も禁止だけど、20歳未満禁止って言ったら20歳はセーフでしょ?

 

Y:そうだね。

 

K:20歳未満の反対は、20歳以上なんじゃないの?20歳より大きいだと、20歳はどっちにも属さなくなっちゃう。

 

Y:そういう見方をすれば、未満の反対は以上ってことになるね。

 

K:でも、「”以下”の反対は?」って聞かれたら、「”以上”」って答えるよね。

 

Y:そうだね。

 

K:同じように、「”より小さい”の反対は?」って聞かれたら、「”より大きい”」って答えるよね。

 

Y:そうだね。

 

K:数学的には正しくないけれど。

 

Y:誰だって、日常の日本語では数学的なことは考えないでしょ。

 

K:オイラが言いたいのはそこじゃなくて。

 

Y:何?

 

K:未満っていう言葉があるのに、その反対を「より大きい」って言うのは変じゃない?「より小さい」の反対が「より大きい」なら分かるけどさ。

 

Y:言われてみればそうだね。

 

K:でしょ。

 

Y:じゃ、なんか未満の反対の言葉があるんじゃん?

 

K:あるよ。

 

Y:何?

 

K:「超過」らしいよ。

 

Y:へー。どこで使うの、そんな言葉。

 

K:「原動付自転車は時速30km超過で違反」みたいな感じで。

 

Y:普段は使わないよね。

 

K:うん。だから、敢えてここで使ってあげよう。

 

Y:敢えなくていいのに。

 

K:常に1/2超過の人っているのかな。

 

Y:どういうこと?

 

K:多数決で決めたとき、必ず多数に入る人。

 

Y:世の中にはいるんじゃない?

 

K:例えば、大学に行く人と行かない人、行く人の方が多いよね?

 

Y:たぶんね。

 

K:そしたら、大学行く人が勝ち残り。こんな感じで、いろんな二択を作って、常に大多数の人を探そう。○×ゲームで最後まで残る人を。

 

Y:二択問題によるね。

 

K:大学に行った人でも、文系と理系があるけど、文系の方が多いよね?

 

Y:そうだね。

 

K:理系の皆さん、全員脱落です。残念。

 

Y:うちらは文系だもんね。

 

K:じゃ、戦争賛成と反対。反対のが多いよね?

 

Y:二択の話題がいきなり飛んだな。反対の方が多いでしょ。

 

K:じゃ、恋人に求めるものは容姿か性格かっていう二択だったら、どっちのが多そう?

 

Y:性格って答える人のが多いんじゃない?

 

K:オイラもそう思う。じゃ、正解は「性格」で。

 

Y:オーケー。

 

K:行けるなら、未来と過去どっち?だったら、未来のが多いはず。

 

Y:そんな気がする。

 

K:日曜の朝は、早く起きる派と寝坊する派なら、寝坊する派の方が多い?

 

Y:そうだと思う。

 

K:アウトドア派とインドア派は?

 

Y:インドア派じゃないかな。アウトドア派は外に出るから目立つってだけで、数はそう多くないと思う。

 

K:うちらはまだ残ってるね。

 

Y:うちらに有利な二択だからね。

 

K:じゃ、うちらが別れる二択を考えよう。

 

Y:なんだろう。

 

K:……。

 

Y:……。

 

K:思いつかない。

 

Y:似たもの同士ってことだね。

 

K:なんか嫌だな。

 

Y:こっちこそ。

 

K:大多数側にいるからって、常に正解とは限らないよね。

 

Y:そうだろうね。

 

K:でも、大多数側にいると安心するよね。

 

Y:そうだね。

 

K:大多数側にいるうちは、人より抜きん出ることが出来ないんじゃないだろうか。

 

Y:そうかもしれないね。

 

K:でも、それでいいか。

 

Y:うん、いいよ。

 

K:じゃ、またね。

 

Y:ばいばい。

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG