教育制度について考えるKYな会話

下記のKYな会話を書いてますが、小中一貫教育には賛成です。

義務教育を一括してやったほうが合理的ですしね。

友人Y
KYな会話でめちゃくちゃディスってるのに
清水
まあ、フィクションだからね
友人Y
それ言っちゃう?
清水
君も本来、存在してないでしょ
友人Y
実在してるし!

 

 

小中一貫教育について考えるKYな会話

K:小中一貫教育、増えてきたね。

 

Y:そうみたいだね。

 

K:なんかね、小中一貫にすると、スムーズに中学生になれるみたいだよ。もうね、あほかと。

 

Y:なんで?中学生になるギャップがあって、そこで不登校になる生徒が増えるから、その対策でしょ?

 

K:そんなに甘やかしてどうすんの。

 

Y:子供なんだから良いんじゃん。

 

K:本当に子供のことを思うなら、甘やかさないことだね。

 

Y:それはそうだろうけど。

 

K:小学一年生の入学式で、黒いスーツでビシッと決めた先生達に文句を言ってるモンスターペアレンツを思い出したよ。

 

Y:どんな文句言ってたの?

 

K:「まだ幼稚園を卒業したばかりなのに、あんなに威圧感のある服装じゃうちの子がびっくりして、萎縮してしまいますわ」だってさ。

 

Y:すごいな。

 

K:小学校は幼稚園とは違うって思い知らせるためにも、そういうビシッとした空気を出すことは良いことだと思うよ。

 

Y:そうだね。

 

K:それに子供だって「僕は小学一年生。お勉強を頑張るぞ」って気持ちを切り替えてるのに、親がそんなだと水をさされてしまう。

 

Y:子離れできないんだね。

 

K:東大の入学式に、学長が「大学生の入学式に両親揃って参加しないで下さい。いい加減、子離れしてください」って親に言ったという。

 

Y:へー。

 

K:過保護が多いね。

 

Y:そうだね。

 

K:そのうち、社会人になるのも「もっとスムーズに」なんて言って、大学の後半は会社の研修になって、その後そのまま会社に入社するという制度とか出来そうだね。

 

Y:そんなのがあっても良いんじゃない?

 

K:まあ、インターンシップという制度があるんだけどね。

 

Y:もうあるんだ。

 

K:なんだかんだ言って、どんな環境でも子供は育つし、子供の負担を減らそうなんてしなくていいと思うんだよね。

 

Y:そうかもね。

 

K:不登校が減って喜ぶのは本人以外の周りの人。小中一貫教育って、先生の負担を減らすための制度なんじゃないの?

 

Y:それでも良いんじゃない?

 

K:結果、甘やかされた子供が育っても?

 

Y:不登校にならずに済むなら、いいでしょ。

 

K:まあ、そうだね。

 

Y:じゃ、いい制度じゃん。

 

K:そういうことになるね。

 

Y:問題なし。

 

K:今の教育制度はさ、6334でしょ?

 

Y:小学校が6年で、中学と高校が3年で、大学が4年だね。

 

K:4444制度ってのも話題になったときもあったんだけど、それもそれでうまく行くかもね。

 

Y:そう?

 

K:小学校5、6年生と中学1、2年生は仲間にしてあげればいいじゃん。小学6年と小学1年は差がありすぎる。

 

Y:確かに。ランドセルの似合わない6年生とか結構いるよね。

 

K:それに小学4年生でも、最上級生となれば、1年生の面倒みたりして、しっかりすると思うんだよね。

 

Y:そうだね。

 

K:さらに提唱したいのは、44444制。

 

Y:長いよ。

 

K:7歳から10歳までの最初の4年間が第一学生。11歳から14歳が第二学生。15歳から18歳が第三学生。19歳から22歳までが第四学生。ここまでで今で言う大学卒業レベル。

 

Y:まだあるの?

 

K:23歳から26歳までが第五学生。

 

Y:その制度だとしても、うちらはもう学生ではないね。

 

K:じゃ、あと四年追加しよう。

 

Y:いつになったら働くのさ。

 

K:27歳から30歳までの第六学生卒業後。ロクでもない人達が社会人になる。

 

Y:シャレかよ。

 

K:第六学生まで作らないと、うちらは学生になれないんだから、そこまで作らなきゃ

Y:別に今でも学生になれるよ。また大学受験とか出来るでしょ。

 

K:合格できる気がしない。それに、大学受験の勉強はもうほとんど忘れたから、社会には必要のない知識なんだよ。

 

Y:そうかもね。

 

K:だから、4444444制度にして欲しい。

 

Y:なんか増えたね。

 

K:ニートを作り出さない教育制度を実施して欲しい。

 

Y:それだけ教育してたら、ニートだらけになっちゃうよ。

 

K:それもそうだな。やっぱり今のままでいいか。

 

Y:そうだね。

 

K:じゃ、またね。

 

Y:ばいばい。

 

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG