成田ゆめ牧場と成田国際空港

以前から目をつけていた、成田ゆめ牧場に行ってきました。

 

開場時間の9時30分にちょうど着いたので、結構空いてました。

新緑に囲まれ、広々とした場内を歩きます。

 

まずはヤギの部屋で、ヤギに触れました。

 

ここでは4歳の娘に

「動物は、脊椎動物と無脊椎動物のグループに分かれていてね、ヤギさんは脊椎動物の仲間なんだ」という説明をしようと思いましたが、しませんでした。

 

清水
4歳にはまだ早いかなと思って
友人Y
しなくていいでしょ

 

つぎはウサギと触れ合う前の時間を待つ間、菜の花の前で記念撮影。

 

「菜の花というのは、花をつけているときのアブラナのことでね、これは離弁花類の代表的な花なんだよ」

友人Y
説明したの?
清水
しなかった

 

そうこうしている間に、ウサギと触れ合う時間になりました。

 

 

「ウサギは脊椎動物の中の、ホニュウ類の仲間だね。

ウサギは1匹じゃなくて1羽って数えるんだよ。昔、獣を食べちゃいけないお坊さんが『いや、これ二本足で立つし、鳥類だから!俺、食べてもいいんだから!』って言うために、鳥と同じ数え方をしたというお話もあるよ。

でも、耳が鳥の羽根みたいだから、鳥の仲間かと思って、1羽って数えだしたっていうお話もあるよ」

 

友人Y
説明したの?
清水
してない

 

現実には「ウサギさん、可愛いねぇ。優しく触ってね」くらいです。

 

 

その後は、アーチェリー。

こちらは妻のリクエスト。

私は弓道部体験1日の実力を見せつけてあげました。

 

友人Y
すべて外したってことね
清水
あれ、当たる気がしない

 

アーチェリーのオリンピックのメダリストの凄さを実感しました。

 

 

そして、芝すべり。そりすべり、ですかね。

 

「位置エネルギーがだんだん小さくなるのとは逆に、運動エネルギーが大きくなるから、下に行くほどだんだん速くなるんだよ」

友人Y
説明したの?
清水
してない

 

このそりすべりは無料なので、時間の許す限り何度もやらせました。

 

友人Y
まあ、そうなるよね

 

つづいて、こちらは小春リクエストの乗馬。

といっても、身長により馬でなくポニーでした。

清水

身長90cm以上120cm未満がポニーで、馬は120cmから

 

 

「馬は、ヤギやウサギと同じ、脊椎動物の中のホニュウ類の動物だよ。

ポニーは、ポニーという品種じゃなくて、”大人になっても、肩までの高さが147cm以下の馬の総称”をポニーと言うんだよ」

 

友人Y
説明したの?
清水
もちろんしてない

 

現実は「お馬さんの筋肉がすごいね~。ポニーはちっちゃくて可愛いねぇ。」くらいです。

 

そして、牛の乳搾りをして、ソフトクリームを食べて牧場終了。

 

その後、そこから車で20分程度のところにある成田空港に行ってきました。

ついこの前、茨城空港に行ったんですが、せっかくなので。

コロナ禍なので、客足は少ないようです。

開いてないお店もけっこうありました。

清水
3,4割が閉まってた

 

お目当ては離着陸のシーン。

ということで、展望デッキへ。

1機しか見られなかった茨城空港と違い、10機以上の飛行機の離陸シーンを見られました。

 

「飛行機が空を飛ぶ仕組みはね……」

 

友人Y
説明してないんでしょ?
清水
なぜ分かった

 

 

結局、難しい説明は全くなし。

単純に楽しんできました。

幼児のうちはそれでいいかなと思います。

 

 

いっぱい遊んで、滑ったり落ちたり、ジャンプしたりして、感覚を養ってくれるのがいいと思います。

 

こういった感覚があれば、将来学校で「坂道を滑るとき、だんだん速くなるでしょ?」と聞かれたときに、そりすべりのことを思い出して、先生の話を理解しやすくなるでしょう。

 

図鑑を見たときも、よりリアルに感じられると思います。

 

興味を外の世界に広げるのに、うってつけのゆめ牧場と成田空港。

 

ちょっと遠いですが、今度は妹の日和が4、5歳になる頃にまた行きたいと思います。

子育ての最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG