親レベルアップ

4歳の小春も1歳の日和も、よく空を見上げて飛行機を探すおばあ(祖母)に影響されてか、飛行機の音が聞こえると空の中に飛行機を探します。

 

1日2日、少し咳が出る小春。

あまり激しくない遊びをということで、飛行機を見に行くことになりました。

そして昨日、決行。

 

 

茨城空港に行ってきました。

着陸と離陸のシーンが見られました。

清水
まあ、この1機だけだけど

 

茨城空港は発着便が少ないのです。

清水
2時間に1本とか

 

 

 

その後、空港の近くにある空のえき「そらら」に寄ってきました。

 

こっちは未就学児にとって丁度良い遊具もあり、子供たちは飛行機よりこっちのほうが気に入ったみたいです。

 

 

 

 

実は、茨城空港に行く途中で、小春が気持ち悪くなって吐いてしました。

 

途中、山道を通ったせいでしょう。

 

普段は車酔いしないので、大丈夫だろうと高をくくっていたのですが、やっぱりダメでした。

 

 

「山道に入るから、車の中で絵本を見ないほうが良いよ。山道は酔いやすいから」と伝えて、子供たちも実際にそうしていたのですが。

 

逆にそう伝えたことでことで「山道では酔いやすい」という意識を植え付けてしまったのかもしれません。

 

 

たぶん「体調がすぐれない時の山道」が一番の原因だったんだろうな、という結論になりました。

 

 

 

車の中にはお着替えも常備してあるので、特に大きな問題になることもなく、茨城空港に行けました。

 

 

”車にお着替え常備”は妻によるものです。

私一人だったら、たぶん着替えなどないままだったでしょう。

 

 

「今回みたいなときに着替えがなかったらどうするの?」と妻。

「そのときは”しまむら”で現地調達。ここに来るまでにすでに、2つのしまむらを見たし」と私。

「たしかに。しまむらっていっぱいあるよね」と妻。

 

これで納得してしまうあたり、妻もアップデートしているのでしょう。

 

 

 

心配性の妻は、何かあったときに備えて、バッグが大きくなるタイプです。

私は「なんとかなるさ」と言って、小さなバッグで出かけてしまうタイプです。

 

 

 

1人目の子供のときは心配性だった妻も、今はだいぶ薄れてきてました。

それが良いか悪いかはわかりませんけれど。

 

 

まあ、以前と違った価値観が芽生えているということで、アップデートと言って差し支えないのではないでしょうか。

 

 

私も私で、ポケットに入るだけのものしか持ち歩かなかったのが、小さなバッグを持ち歩くようになったので、アップデートされているはず。

 

両極端から真ん中への歩み寄りです。

 

 

 

1人目のときは2,3日うんちが出ないというだけでオロオロしてましたが、2人目になると「まあ、そういうこともあるよね」と流せます。

 

これが3人目、4人目ともなれば、どんどん大雑把になっていくのでしょう。

 

 

 

 

今回の件で「体調がすぐれないときは山道は避ける」という教訓を得ました。

 

こうやって親自身も成長していくのですね。

 

これからも娘たちの成長に負けないくらい頑張ろうと思います。

子育ての最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG