定期テストに対する心構え

帰り際、2年生のMさんに「秀峰、やばいんですよ」と言われました。

秀峰というのは、秀峰筑波義務教育学校のことです。

 

そういや、小中一貫なので”2年生”ではなく”8年生”ですね。

 

 

で、秀峰の何がやばいのかと思ったら

 

「今度中間テストがあるんですけど、その前に宿泊学習があるんですよ」

 

ということらしいです。

 

友人Y
何がやばいの?

 

中間テストがあるので勉強しないといけないという時期なのに、そこに宿泊学習を入れてくるのがおかしいと主張してました。

 

友人Y
すごいな……

 

少年清水なら「よっしゃー、宿泊学習(遊び)だ」って喜んでましたよ。

友人Y
俺も

 

そもそも、中学生のときに、定期テスト前だから勉強しないとっていう意識がまるでありませんでした。

 

 

定期的に送られてくる進研ゼミの付録マンガを見て「今度のテストは2週間前からちゃんと対策をしよう」と思ってました。

 

友人Y
その営業ツールのマンガを見る率高かったね

 

 

 

でも、結局、2週間前に対策を始めたことなんてありませんでした。

 

部活が休みになる3日前になってようやくテスト範囲を確認するような学生でした。

 

 

 

 

定期テスト前に宿泊学習があったとしても、喜びはするものの嘆くことはなかったでしょう。

 

そんな少年清水からしたら、Mさんの発言は信じられないものです。

 

 

 

でも、塾講師としては、その発言は頼もしいです。

 

 

Mさんには「みんな、宿泊学習に気を取られて、勉強から遠のくかもしれないから、ちゃんと勉強する人にはチャンスじゃん!」と伝えました。

 

清水
そのセリフ、少年清水にも伝えてあげられたらなぁ

 

友人Y
後悔先に立たず

 

 

 

秀峰筑波の中間テストは6月10日。

あと3週間くらいありますが、もうそこに意識を向けているMさん。

 

今年は中間テストではワーク10チャレンジを行いませんが、それと同じペースで学習できているようです。

 

 

継続の敵は非日常。

宿泊学習によって、継続が途切れる危機が訪れると思いますが、うまく乗り越えてもらいたいと思います。

 

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG