思考実験

銃を乱射する人を目の前にしたあなたは、あなたが持っている銃でその犯人を撃ちますか?

 

日本では銃を手にすることなんてまずないので、銃を乱射する人がいて、そのとき自分が銃を持っているなんていう状況は死ぬまでに一度も訪れないとは思いますが……。

 

こういった思考実験をたまにする私です。

 

 

思考実験で有名なのは「トロッコ問題」ですね。

 

トロッコが走る線路上にポイント(分岐点)があり、分岐するルートの一方をAルート、もう一方をBルートとします。

ポイントを切り替えなければトロッコはAルートに行きます。

Aルート上には「5人の作業員」がいます。

Bルート上には「1人の作業員」がいます。

 

線路上を走るトロッコが制御不能になり、そのまま進むとAルートの5人の作業員が確実に死にます。

5人を救うためにポイントを切り替えると、Bルートにいる1人の作業員が確実に死にます。

 

そんな状況で、ポイントに立っている(ポイントを切り替えられる立場にいる)あなたはどう行動しますか。

 

 

1つ目の回答は、何もせずに5人を見殺しにする。

2つ目の回答は、ポイントを切り替え、5人を救い、1人を犠牲にする。

 

 

ここからいろんなバージョンが派生して「5人は他人で、1人は恋人」とかいう条件が追加されてるのもあります。

でも、そうすると「誰だったらポイントを切り替えるか」というふうに、話がちょっとずれてしまうので、今回はオリジナルのままの「5人の作業員と1人の作業員」で考えましょう。

 

 

人の命が平等なのであれば、1人を犠牲にしたほうが良いのかもしれません。

 

でも、「自分がポイントを切り替えたせいでその一人が死んだ」という思いはずっと残ってしまうでしょう。

 

自分のせいと思いたくないなら、何もせずにいたほうがいいでしょう。

でも何もしなかったせいで「自分がポイントを切り替えていたら、多くの命が救えた」と思うかもしれません。

 

 

 

私の場合は第1の回答の「何もしない」を選択しそうな気がします。

 

実際にその瞬間になったと考えると「ポイントを切り替えれば多くの命を助けられる」なんて計算はできないんじゃないかなと。

 

 

でも、それは今回の条件には当てはまっていないので、ちょっとだめです。

 

今回は「”5人を救うためにポイントを切り替えると、Bルートにいる1人の作業員が確実に死ぬ”ことをわかっている」のですから。

 

「ポイントを切り替えれば多くの命を助けられる」とわかっている状態でなお、ポイントを切り替えるか否かという問題ですので、「どっちのほうが犠牲が少ないかなんて、とっさに計算できない」という理由はだめでしょう。

 

 

結局はその場になってみないとわからないってなっちゃいますね。

 

 

現実にそういうことがあったとしても、現実なら、その5人と1人との人間関係があるでしょうから、そういったところで判断が違ってくるでしょうし。

 

友人Y
「5人の中に好きな人がいたら、ポイントを切り替えて救う」とか?
清水
そそ
友人Y
それ以外に何かある?判断に及ぼす影響
清水
ポイントを切り替えて5人を救っても、その後そのうちの1人に「お前が切り替えたせいで、あいつ1人が死んだ」と責められるかもと考えたら、5人を見殺しにする選択もあるかも
友人Y
5人を口封じするのは大変だもんね
清水
そう。5人から感謝されるとは限らないからね
友人Y
5人を見殺しにした場合は、救われた1人から感謝されそうだよね
清水
「人数では圧倒的に不利だから、自分は犠牲にさせられると思ってたのに、君は助けてくれたんだね」ってなるからね

 

 

 

ポイントを切り替えるか否か……

 

考えても考えても答えませんね。

 

 

 

こういった思考実験、答えが出ないなら意味がないと言われたら確かにそうなんですが、あらゆる状況を考えることで防災の意識などにも一役買っていると思うんですよね。

 

 

最近の例でいうと、ウクライナに侵攻しているロシアのこと。

 

 

ウクライナと立場が似ている日本。

ロシアに攻められたらどうするべきか。

 

 

ウクライナのように徹底抗戦するか。

徹底抗戦せずに、すぐに降伏するか。

 

 

戦争をしないという一点を貫くなら、降伏のが良いのかもしれません。

でも「命を守る」というのなら、どちらでしょう。

 

 

 

ある人は、徹底抗戦するから民間人の犠牲者が増えるといいます。

たしかに、戦争状態にあれば犠牲者は増えます。

 

でも実は犠牲者は降伏後の方が多いという歴史があります。

 

第二次世界大戦で多くの犠牲者を出した沖縄で、その犠牲者が出たタイミングを見てみると、銃や砲弾による死亡数よりも、降伏後の虐殺などでの死亡数のほうが多いそうです。

 

そう考えると、降伏より徹底抗戦を選んだほうが良さそうですね。

現にウクライナはそれをわかっているからこそ、徹底抗戦しているのでしょうし。

 

 

 

ただ、この辺は本当に降伏後の方が死亡者数が多いのかは難しいところです。

 

東京大空襲で10万人も死亡しているということを考えると、空襲される前に降伏したほうが死亡者数が少なかったという意見も間違いとはいえませんし。

 

 

 

知れば知るほど、どちらが良いかなんて答えが出せなくなってしまいます。

トロッコの思考実験と同じ結末になりそうですね。

 

 

とはいえ、考えるためには、背景を知っておかなければなりません。

 

反射的に賛成や反対を表明するのは危険です。

 

 

 

中学生向けに、例を出してみましょう。

 

文化祭で、クラスの出し物を考えるときにA君は「お化け屋敷」という案が出しました。

それに対し、飲食店をやりたかったB君は反対しました。

理由は「自分が飲食店をやりたいから」です。

 

 

B君は反射的に反対するのではなく、なぜ「お化け屋敷」という案が出たのかを考えてから意見を言ったほうが良いです。

 

例えばAくんがお化け屋敷の案を出したのは「他のクラスはすべて飲食店だから」という背景があったからかもしれません。

もしそれが本当なら、たしかに他のクラスとの差別化をしたほうが良さそうです。

飲食店以外もあったほうが、文化祭に来るお客さんにとっても良いですよね。

 

「他のクラスはすべて飲食店」というリサーチがないまま議論をしていたら、このクラスも飲食店になっていたかもしれません。

 

 

何かを議論するとき、事前に調べておくということが大切です。

 

中学生にとってはそれが普段の勉強にあたります。

 

 

 

 

 

こう考えると、やっぱり教育って大事なんだなと思います。

 

そんなことを言っている私もまだまだ勉強する身。

 

教育系YouTubeを見て、知識を得ている毎日です。

 

いろんな人がわかりやすい動画を作って、それが無料で見られる時代。

現代って恵まれていますね。

 

 

自ら学ぼうとする人にとっては最高の時代でしょう。

 

 

今回の思考実験のように、考えるきっかけ、勉強するきっかけはいくらでも転がっているので、スルーせずにそのきっかけを拾っていきましょう。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG