1番を知れ

昨日の集団授業は

中1:数学 素因数分解のスピードアップテクニック

中2:理科 化学反応式

中3:社会 地理の解き方

でした。

 

今日の記事は中3の地理の話です。

 

 

 

この授業で私が伝えたのは「1番を知れ」ということです。

 

”1番を知る”ということは”常識を身につける”ということです。

 

 

例えば、日本で一番高い山は?と聞かれて富士山と答えられない人はいませんよね。

もしいたとしたら「あなたはどこの国の人?」と思われてしまいます。

 

1番を知っていることは”常識がある”と言い換えられます。

 

友人Y
”日本で一番高い山は富士山”は常識だよね
清水
じゃ二番目は?
友人Y
知らん

 

知っているのは1番で良いんです。

2番まで知っている人はだいぶ少なくなります。

 

だから、2番を知らなくても「あなたは非常識ね」と言われることはありません。

 

友人Y
ふぅ、良かった

 

 

大人でさえ2番を知ることを求められていないのですから、中学生にも求められません。

 

せめて1番だけはきっちり覚えておきましょう。

 

 

世界で一番高い山は?

この質問に即答できないと地球人じゃなくなってしまいますが、発展途上の中学生は案外答えられないものです。

これから常識を身に着けていってもらえればオーケーです。

 

 

 

そして、地理の問題に目を移すと……

1番を知っていれば解ける問題が多いこと。

 

表の中にA,B,C,Dがあって、A県は「りんご」の収穫量が他よりも突出しています。

 

清水
さてどこでしょう?
友人Y
青森!
清水
正解

 

 

りんごといえば青森、青森といえばりんご。

1番を知っていればA県が青森県とわかります。

 

 

リンゴの収穫量1番は青森で、じゃあ2番は?と問われると、大人でも詰まるでしょう。

友人Y
知らん
清水
果実が多いイメージの山形かな?
友人Y
君も知らんかい

 

正解は長野でした。

清水
あー、言われてみれば

 

かくいう私も、今ネットで調べたわけですが。

清水
こんなふうに2番は知らなくてもOK

 

 

面積が一番大きい国はロシア。

では一番小さい国は?

 

これも有名ですけれど、わかりますよね?

友人Y
ま、まあね。
清水
バチカン市国だよ
友人Y
知ってたよ、ど忘れしただけ

 

 

こういった”1番”をいつ知るのかといえば、机の上というより、日常生活の中だと思うんですよね。

地球儀をくるくる回して「ロシア大きいなぁ……逆に一番小さいのはどこだろう?」と考えたり、テレビのクイズ番組ででてきたり。

 

 

「逆に一番小さい国は……?」と考える子であれば、放っておいても自分で調べるので大丈夫です。

その子には図鑑などの、自分で調べられる本などを与えておきましょう。

 

 

 

考えない子には、親が誘導してあげる必要があります。

「ロシアは大きいねぇ……じゃあ、逆に小さい国はどこだろう?」というセリフが必要になるでしょう。

 

 

 

今日の記事を読んだ保護者様がいらしたら、我が子に次の問題を出してみてください。

大人から見たら常識というものも、子供は案外答えられません。

 

 

Q1 日本で一番面積が大きい都道府県は?一番小さい都道府県は?

Q2 日本で一番人口が多い都道府県は?一番小さい都道府県は?

Q3 世界で一番大きい大陸は?一番小さい大陸は?

Q4 世界で一番長い川は?流域面積が大きい川は?

Q5 日本で一番長い川は?流域面積が大きい川は?

 

友人Y
大人だけどわからん
清水
大人だって勉強しよう

 

 

 

ロシアのウクライナ侵攻がきっかけで、私もその辺を調べてみましたが、知らないことばかりでした。

 

いろいろ調べてみると「他国に侵略されたら、全面降伏することが生き延びるために必要なこと」なんて言えないなと思いました。

 

知らないと、耳障りの良い情報を信じてしまいます。

 

自分の意見を持つためにも、しっかり勉強しましょう。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG