分からなかったら調べる!……調べてる?

人の振り見て我が振り直せ

 

昔の人はうまいこと言いますね。

昔の人が言ったことを伝えてきた人たちもまた凄いですね。

 

やっぱりこれは大切だよなぁと感じて、ついついこのことわざを口にすることで、今日まで伝えてきたのでしょう。

 

そんな私も、このことわざの伝道師。

「人の振り見て我が振り直せ」というのは重要だなぁと思います。

 

 

例えば、誰かがズボンのチャックが開いているのをみて「だらしないなぁ」と思って、念のため自分のも確認してみたら全開だったということは多々あります。

友人Y
多々あるか?
清水
オイラはある

 

これが、相手のを見て、相手をだらしないと思うだけで終わってしまっては、自分の全開には気づけないわけです。

 

人の振り見て我が振り直したから、事なきを得たわけです。

 

 

友人Y
人がチャック開いてなかったら自分のは気づけなかったってことだね

 

清水
全開のまま気付ずじまいだったってことも、多々あったろうなぁ

 

 

やっぱり人の振りを見たら、我が振りも確認するべきですね。

 

 

 

 

我が家でも子育てが始まり、我が振りを直さなければいけないことも増えた気がします。

 

「お片付けしなさい」と言うには、自分ができてないと駄目ですからね。

 

 

 

「保育園の先生に、ちゃんとご挨拶できてる?」と娘に尋ねる裏側で「自分はちゃんとできてるよな?」と確認する日々です。

 

 

 

 

中学生の子供がいるとして。

その子供に「分からない問題はちゃんと調べなさい。分からなかったら先生に聞きなさい」と伝えるとします。

 

口ではそう言ってますが、心の中では「自分はできているのか」と考えます。

 

 

 

どうでしょう。

大人はできているでしょうか。

 

 

 

この辺は結構あやしい気がします。

 

 

わからない問題が仕事上で起こったのなら、たぶんちゃんと調べたり、人に聞いたりするでしょう。

 

 

でも、仕事じゃないときにわからない問題が出てきたらどうしますか?

 

友人Y
日常でわからないことなんて出てくる?

 

清水

たくさんあるでしょ

 

友人Y
例えば?

 

清水
ニュースで、ウクライナの話がでたときとか。国の位置すらわからなかったでしょ?

 

友人Y
たしかに

 

 

大人の皆さん、わからない問題に出会ったときに、どうしてますか。

 

スマホが手元にある時代。

ちょっとググればすぐに見つかる答え、そのググるということすらしないのでは?

 

友人Y
しないね

 

清水
ゲームの攻略とかはすぐに調べるでしょ?

 

友人Y
調べる

 

清水
ニュースに出てきた知らない言葉は?

 

友人Y
調べない

 

 

自分が調べない人なのに、子供に調べなさいって言って、それに従わせるのもなかなか難しいんじゃないかなと思います。

 

 

どちらかとえいば、私はすぐに調べる方。

そうすると、知識は増えますが、反比例して自由時間が減っていきます。

 

 

調べた先に知らないことがあったらまた調べる、ということを繰り返してしまうと、どんどん時間が過ぎていってしまうのです。

 

 

かといって、知らないことをそのまま放置するのも気になってしまうので、結局調べてしまうのですが。

 

 

まあ、こういう姿を我が子が見ていて、我が子もすぐに調べるようになってくれればいいかなと思います。

 

 

 

 

最近調べたのはポーランド。

中学時代の恩師がポーランドに行ったので、どんなところかなと調べてみたのです。

友人Y
ヨーロッパだな、というイメージしかない
清水
第二次世界大戦のきっかけとして「ドイツがポーランドに侵攻した」ってあったよね
友人Y
あーそういえば

 

で調べてみたら、ドイツとウクライナの間にあるではありませんか。

さらに首都はワルシャワ。

友人Y
なんか聞いたことがある

 

NATO(北大西洋条約機構)に対抗するためのワルシャワ条約機構というのがありました。

 

清水
歴史に出てくるよね
友人Y
それで聞いたことがあったのか

 

最近、NATOはよく聞くけど、ワルシャワ条約機構は聞かないなぁと思って調べてみたら1991年に解体してました。

 

 

簡単に説明すると、世界は

資本主義…資本家と労働者がいる世界

共産主義…財産を共有しようという世界

に分かれています。

 

 

いろんな面から見てみましょう。

 

 

資本主義…民主主義と相性が良い

共産主義…社会主義と相性が良い

 

資本主義、共産主義というのは経済の話、

民主主義、社会主義というのは政治の話です。

 

 

 

資本主義…西側

共産主義…東側

 

地理的な話で、西と東。

ヨーロッパが西、ロシアが東。それ以外の地域は蚊帳の外。

 

 

 

資本主義…階級が存在する。平等じゃない

共産主義…階級が存在しない。平等

 

 

他にも

資本主義…所得格差が出ても仕方ない

共産主義…格差がない

 

 

友人Y
共産主義のが良くない?
清水
そう見えるよね

 

 

でも、

資本主義…頑張って儲けたら、自分の分に。

共産主義…頑張って儲けても、みんなで分配。というかそもそも頑張って儲けられない。

 

 

例えば

ハンコをひたすら押すという仕事があるとします。

それをA,B,C,D,Eの5人がやっています。

1時間後に、A100枚、B80枚、C60枚、D40枚、E20枚を終えたとしましょう。

 

清水
このとき給料が一番もらえるのは誰?
友人Y
Aさんでしょ
清水
Aさんが一番もらえるというのは資本主義。

 

 

仕事の量に応じて、10枚で1万円の給料を貰えるとしたら、

A10万円、B8万円、C6万円、D4万円、E2万円となります。

 

 

 

共産主義は、全員が同じ給料です。

全員が6万円です。

 

友人Y
えー、それなら共産主義は嫌だ
清水
平等って難しいね

 

 

AさんBさんは資本主義のが良いと言うでしょう。

 

DさんEさんは共産主義のが助かるでしょう。

 

 

AさんBさんが共産主義の国で働くとしたら

「自分より仕事量が少ないDさんやEさんと同じ給料になるのなら、自分も仕事量を減らそう」となってしまうでしょう。

 

頑張った人が報われないと、そうやって生産性が下がってしまいます。

 

 

 

かと言って、資本主義が良いかというと、格差が大きくなるのでそれも良いとは言い切れません。

 

どちらも一長一短なのです。

 

 

 

 

 

閑話休題。

 

資本主義国家のヨーロッパの国々やアメリカの軍事同盟がNATO。(ソ連に対抗するために結成)

 

NATOに対抗するため、ソ連などの共産主義国家の安全保障機構がワルシャワ条約機構。

 

 

ポーランドのワルシャワで締結されたから、その名前がついているようです。

 

 

ポーランド……。

地理的にも西と東の間にあるので、結構たいへんな場所です。

 

 

しかも今は、ポーランド経由でウクライナに武器を送るみたいな話がでていて、それを聞いたロシアがポーランドにミサイルを打ち込んでくんじゃないか心配しています。

 

 

恩師は日本人学校の先生として、大変な地域に赴任していったのですね……。

 

 

 

ポーランドについて勉強したら、恩師の凄さがより際立ちました。

帰ってくるのは2年か3年後なので、そのときには盛大にお帰り会をしたいと思います。

 

 

話はだいぶ逸れましたが、大人になってもわからないことがあったら調べましょう、ということで。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG