クリスマスを一人で過ごすKYな会話

これから暑くなるのに、クリスマスのお話です。

友人Y
なぜに?
清水
過去の記事を順番通り再UPしてたら、こうなった

 

こういうこともありますので気にせずにいきましょう。

 

クリスマスを一人で過ごすKYな会話

 

K:先に言わせてもうらうけど、オイラは12月24日は休みなんだ。

 

Y:良かったね。

 

K:これといった予定もない。いつもどおりの休日だよ。

 

Y:かわいそうに。

 

K:そこ!

 

Y:ん?

 

K:おかしくない?そこ。

 

Y:なにが?

 

K:なんでいつもの休日を過ごすだけなのに、可哀想って言われるんだ?

 

Y:だってクリスマスイブだもん。なのに予定ないんでしょ?

 

K:ないわけではないよ。

 

Y:何があるの?

 

K:クリーニング取りに行ったり、洗濯したり。

 

Y:かわいそうに。

 

K:だから、なんでそう言われるんだ?

 

Y:だってクリスマスイブだもん。

 

K:その日は恋人とデートしなきゃ駄目なんて誰が決めた?

 

Y:世論。

 

K:君の口からそんな難しい言葉が出てくるとは思わなかった。

 

Y:難しくないよ。

 

K:だいたいね、恋人とデートするのが良くて、一人で過ごすのが悪いっていう考えが良くない。

 

Y:別に悪いとは思わないよ。かわいそうって思うだけ。

 

K:中には別れの際で踏ん張ってる恋人達もいるかもしれない。そういう人達はデートしても面白くないよ。

 

Y:ひがみ?

 

K:クリスマスイブはデートっていう、形にとらわれてる。

 

Y:年に一度くらいはそういう日があって良いんじゃない?

 

K:なんかさ、「人と同じ事を出来ないと可哀想」っていう風潮があるよね。

 

Y:クリスマスにデートできないとかわいそう、とか?

 

K:そう。そもそもクリスマスにデートする人の方が少ないはずなのに。

 

Y:たしかに少ないかもね。

 

K:相手を可哀想って言う人って、上から目線だよね。

 

Y:そう?

 

K:カップラーメンを食べてる人を見て、可哀想って思うでしょ?

 

Y:思うかも。

 

K:好きでカップラーメン食べてるのに、可哀想とか言われる。ひどくない?

 

Y:気にしなければいいじゃん。

 

K:人間は勝手に人を見下す生き物なんじゃないだろうか。

 

Y:そういう人ばかりじゃないでしょ。

 

K:他人を見下す人って、他人を見上げる人でもあるよね。

 

Y:どういうこと?

 

K:誰かを見上げたり、見下げたりして、自分のポジションを知るって感じ。

 

Y:ほう。

 

K:「クリスマスを一人で過ごすなんて、かわいそうに」って言う人は過去に「クリスマスにデートできる人、いいなぁ」って思った経験があるに違いない。

 

Y:そうかもね。

 

K:クリスマスにデートすることを羨ましがらない人は、一人で過ごすって人に対しても、別に何も言わないはず。

 

Y:確かに。

 

K:誰かを可哀想って思う人は、自分も誰かに可哀想って思われた経験があるんじゃないだろうか。

 

Y:うん。

 

K:自分はそう思ってなかったのに「クリスマス一人なんて可哀想だね」って言われて、「クリスマス一人って可哀想なのか」ってなって、クリスマス一人は可哀想っていう価値観が出来上がる。

 

Y:あるかも。

 

K:他人は鏡だからね。相手をどう思うかが、そのまま自分に返って来る。

 

Y:自分が嫌いな相手は、相手も自分のことを嫌いって言うしね。

 

K:嫌われたくなけりゃ、嫌わなきゃ良いんだよ。

 

Y:それもまた難しいでしょ。

 

K:そう?俺、嫌いな人思い浮かばないよ。

 

Y:苦手な人も?

 

K:うん。たぶんね、無意識のうちに距離を置いてるから、頭の中に浮かんでこないんだと思う。

 

Y:得な性格だね。

 

K:嫌いだとか苦手な人がいるとして、その人のことを毎日考えることって苦痛じゃないのか?

 

Y:そりゃそうだけど、どうしても考えちゃうってことはあるでしょ。

 

K:例えば、足を踏まれたとする。

 

Y:うん。

 

K:相手が謝らなかったら、どうする?

 

Y:別に何もしない。

 

K:わざわざ「さっき足を踏まれたんですけど」とか言わないよね。

 

Y:めんどくさいし。

 

K:かといって、誰かに報告するようなことも、ましてやブログにアップして憂さ晴らしをすることもないでしょ?

 

Y:めんどくさいし。

 

K:それが良いと思うんだよね。足を踏まれたとしても、謝られなかったとしても「そういう人なんだ」って思って、すぐ忘れる。それが良い。

 

Y:狸寝入り?

 

K:泣き寝入り、ね。

 

Y:そう、それ。

 

K:まぁ、そう見えるかもしれないけど、わざわざ裁判で争うようなことじゃないし。もし、これをずっと根に持ってたら、その方が疲れちゃうでしょ。

 

Y:うん。

 

K:次にその人に会ったときも、嫌な顔しちゃってると思うよ。「こいつ、足踏んで謝らなかった奴だっけな」って。

 

Y:そうだね。

 

K:相手は足を踏んだこと自体気付いてないかもしれない。なのに、こっちは「あなたは失礼な奴」って思って身構えてたら、相手も身構える。はい、気まずい関係の出来上がり。

 

Y:なるほど。

 

K:この話は、相手との距離でも変わってくるし、話し出すと長くなるから、また今度話そう。

 

Y:オーケー。

 

K:で、君は24日はどう過ごすの?

 

Y:俺は仕事だよ。

 

K:可哀想に。

 

Y:おかしくない?そこ。なんでいつもと同じ仕事をするだけなのに、かわいそうって言われるんだ?

 

K:だってクリスマスイブだもん。なのに仕事なんでしょ?

 

Y:いつも通りに過ごすだけなのに、なんで?

 

K:それを知りたければ、この会話もう一回読み直して。

 

Y:そうするわ。

 

K:良いクリスマスを。

 

Y:あいよ。

 

K:じゃ、またね。

 

Y:ばいばい。

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG