言葉遣い

「おにかいって言うんだ?」

友達にそう言われて、普通は二階と言うことを知った小学時代。

 

 

 

私の家は裕福ではないけれど、言葉遣いはきれいだったのかもしれません。

 

 

考えてみれば「お風呂」「お昼寝」「おはし」など、”お”をつけて発言していることが多いです。

 

 

娘にも「おトイレ行ってきな」とか「お庭で遊ぼう」とか「お散歩しよう」と言いますし。

 

友人Y

幼児にはそう言うかも

 

でも、すべてのものに”お”や”ご”をつけるかといったらそうでもありません。

 

清水
お車とか言わないし

 

自分でも基準はよくわかりませんが、言葉遣いはきれいだと思います。

 

これは大きなメリットであると自覚しています。

 

 

だから、娘にもきれない言葉を使うように伝えています。

 

相手をうるさいと感じても「うるさい」ではなく「静かにして」と言った方が良い、とか。

 

 

そういえば、一年前くらいは「〜かい」という言い方をしていた娘も、いつの間にか言わなくなりました。

 

清水
「それ取ってくれないかい?」とか言うのが面白かったんだけど

 

 

代わりに、最近よく言うのが「なんでよん」というセリフ。

「なんでやねん」みたいなイントネーションで「なんでよん」というのが面白いです。

 

清水
うちでは誰も言ってないのに
友人Y
保育園で誰かが言ってるのかもね

 

 

1歳の日和も、少しずつ言葉を発するようになりました。

 

今まではほぼ母音だけでしたが、「あった!」とか「ない」とか言ってます。

最近は「かあい〜」と言います。

「可愛い」というシーンで言っているので、意味もわかっているようです。

 

お歌も好きなようで、音楽が流れてくると口ずさんでいます。

 

 

意思疎通もできてきて、子育てもどんどん楽しくなっていきます。

 

なんでも吸収する時期なので、私も言葉遣いに気をつけないとですね。

 

 

 

言葉遣いがきれいなことのメリットは多大ですが、デメリットもちょっとあります。

 

それは、言葉遣いが汚い人を遠のけてしまいたくなること。

 

 

「めし食った」と言う女性がいたら、ドン引きしてしまいます。

 

 

そんな言葉を使われると、百年の恋も冷めるってなものです。

言葉遣いで冷めていたら、恋愛対象者がどんどん減っていってしまいます。

 

清水
もう恋をする必要もないから別にいいけど

 

 

でも、素では「めし」とか言ってても、人前でちゃんと「ごはん」って言えれば問題ありませんけどね。

 

一事が万事。

 

気をつけるに越したことはありませんね。

 

 

 

 

い段には気をつけて。

さみい、じゃなくて、寒い。

あちい、じゃなくて、暑い。

 

 

 

エ段にはもっと気をつけて。

いてえ、じゃなくて、痛い。

なげえ、じゃなくて、長い。

たけえ、じゃなくて、高い。

かてえ、じゃなくて、硬い。

重てえ、じゃなくて、重たい。

うるせえ、じゃなくて、うるさい。

 

友人Y
「うるさい」じゃなくて「静かにして」じゃなかった?

 

清水
そうだった。あぶねえ。

 

友人Y
あぶねえ、じゃなくて、あぶない。

 

やっぱり自分の言葉遣いからきちんとしないとですね。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG