3分の1の4乗

3つの部屋(A,B,C)があるとします。

そのうちの1つの部屋に入る確率は3分の1です。

今回はBの部屋に入るとしましょう。

 

 

1人目がBに入る確率は3分の1。

でも、2人目も連続でBに入る確率は9分の1。

2人目がBに入る確率は3分の1ですが、「1人目に続いて」という条件が加わって「1人目も2人目もBに入る確率」となると9分の1になっちゃいます。

 

 

3人目がBの部屋に入る確率は3分の1ですが「3人全員がBに入る確率」となると27分の1です。

 

さらに4人目もBの部屋に入り「4人全員がBに入る確率」となると81分の1です。

 

 

 

Bの部屋に入る確率はそれぞれ3分の1ですが、他の人との組み合わせも考えると確率は変わっていきます。

 

 

Lilyに在籍している明野中3年生の4人は、今回のクラス替えで全員同じクラスになったそうです。

清水
81分の1の確率
友人Y
学校側が狙ってやってたなら面白いね
清水
単なる偶然でしょ

 

 

偶然とはいえ、こういうこともあるんですね。

 

 

クラスには36人くらいいるでしょうから、そのうちの4人というのは、9分の1。

そのクラスからあと8人がLilyに入って、クラスの3分の1がLilyっ子という状況になることを目論んでいます。

 

といっても、口コミで増える以外、何もしませんけれど。

 

友人Y
チラシまきなよ
清水
外部宣伝より内部充実

 

 

私一人での対応ですので、一気に何人も入ってきた場合は対応できなくなる恐れがあります。

口コミで少しずつ増えるくらいがちょうど良いのです。

 

 

 

 

1,2年生の頃からもともといるLilyっ子はどちらもAクラス。

竹園や土浦一高を狙います。

 

 

今日の集団授業でやった内容は英語の「分詞」と「関係代名詞」。

こちらは一昨年まではほぼ最後の単元です。

去年から「仮定法」が追加されたので、今年はもうちょっとあります。

 

 

でも、この関係代名詞まで終われば、一昨年までであれば「中学生の学習内容を一通り終えた」ということになります。

そしてそれは「一昨年までの入試の過去問にとりかかれる」ことを意味します。

 

 

今日一日では関係代名詞の途中までしか終わりませんでしたが、今月中には確実に終わります。

そうすると5月からは英語は入試の過去問演習を始めることができます。

 

例年にないハイスピード。

 

 

でも、これは中高一貫校だったり、難関高校を受験する生徒達にとったら普通のペースでしょう。

実際にLilyっ子たちを見ても「習得するのが厳しそう」とは映らず「あ、もうこのまま最後まで行けちゃうね」という感覚です。

 

 

最近入ってきたLilyっ子達は1年生の英語から復習していますが、こちらもガンガン習得して、前の二人を追いかけています。

 

 

今年の3年生も良い雰囲気です。

 

 

Lilyっ子たちの頑張りを見て、他の3年生達もLilyに入ってくることでしょう。

そうなったとき、その子達に負けないように、このまま歩みを止めずに頑張ってもらいたいと思います。

 

 

 

 

今日のアイキャッチ画像は、片道30分の高校へ自転車で通うR君。

学校帰りにLilyに寄ってくれました。

新しい制服に身を包まれ、ギア付きの自転車で現れたR君。

ブレザーなので見た目はすっかり高校生です。

 

自分で望んだ高校で、やる気も十分。

他のクラスメイトよりも頭一つ抜きん出るのはすぐでしょう。

 

キラキラしているR君に元気をもらいました。

清水
またいつでも寄っていってね

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG