思い通りにしようとするKYな会話

今日は休日。

家族を連れて、千葉県野田市の『もりのゆうえんち』に行ってきました。

片道1時間10分。

未就学児にはちょうど良い遊園地でした。

平日だったのですいてましたが、土日はどうなんでしょう。

この辺よりはだいぶ都会にあるので、土日は混雑するかもしれません。

 

平日に行ける人にはおすすめです。

清水

昨日のうちに仕事を片付けておいて良かった

 

 

思い通りにしようとするKYな会話

 

K:ストリートファイター2、得意だよね?

 

Y:もちろん。

 

K:なんで?

 

Y:たくさんやったからね。

 

K:なんで?

 

Y:面白いから。

 

K:だから、たくさんやるよね。その結果、上手くなるわけだ。

 

Y:そうだね。

 

K:で、また俺をボコボコにしてストレス解消しては、楽しいって言う。

 

Y:君も強くなればいいんだよ。

 

K:ここで俺もスト2が好きなら頑張るけど、俺はそこまで好きじゃない。

 

Y:そうなんだ。

 

K:ここに分かれ道があるね。

 

Y:どんな?

 

K:スト2が上手くなるか、ならないかの分かれ道。

 

Y:ほう。

 

K:その岐路で問われているのは、スト2が好きかどうかってこと。

 

Y:なるほど。

 

K:ゲームであれ、スポーツであれ、好きでやってることってさ、どんな結果が出ても辞めないよね?

 

Y:そりゃ好きだからね。

 

K:結局、そういうことなんじゃないだろうか?

 

Y:何が?

 

K:好きでやってると、結果を気にしないってこと。

 

Y:あぁ、なるほど。

 

K:そりゃ勝ったら嬉しいし、負けたら悔しい。でも、どんな結果が出ようと、好きなものは辞めない。つまり、結果に左右されてない。

 

Y:そうだね。

 

K:例えば毎日、曲を作ってたとする。

 

Y:うん。

 

K:1フレーズでも出来れば、それでその日のゴール到達としよう。

 

Y:うん。

 

K:そんな毎日を続けていけば、いつか曲が出来るよね?

 

Y:そうだね。

 

K:でも、その曲が酷評されるかもしれない。

 

Y:うん。

 

K:評価を得るために作ったのなら、そこでやる気が失せるけど、ただ作ることが好きでやってる人は、その後もまた1フレーズずつ作り始める。

 

Y:うん。

 

K:曲が出来ようが出来まいが、その曲が評価されようがされまいが、どんな結果がきても、毎日の1フレーズ作りは止まらない。

 

Y:そうなるね。

 

K:そういう人こそ、評価されるような音楽を作ったりするんではなかろうか。

 

Y:そうかもしれないね。

 

K:そこには「ヒットさせよう」とか「売れて印税生活を」なんて意志が入ってない。

 

Y:うん。でも、そしたらさ、「売る」必要はないんじゃない?無料で配れば。

 

K:そうだね。でも不思議なもんで、そういういいものって自然に値がついちゃう気がする。

 

Y:そう?

 

K:よく知らんけど、今でも名前が残ってる画家って、売ろうと思って絵を描いてたんじゃないと思うよ。

 

Y:絵を描くことだけに人生を賭けたって感じがするね。

 

K:でしょ?そういう絵の方が、価値が上がる気がする。周りが勝手に値をつけてるだけだけどさ。

 

Y:うん。

 

K:さっきの例の、音楽作りの中で、傑作が出来たとする。

 

Y:うん。

 

K:自分はそれを売る気はなくても、それを聴いたどっかの音楽プロデューサーが「ぜひうちでCDにして売りませんか」と話を持ちかけてくるかもしれない。

 

Y:うん。

 

K:彼らは、いい音楽を世界に広めたいという思想もあるだろうけど、「いい音楽なら、お金が入ってくる」という法則を知ってるからね。

 

Y:ほう。

 

K:自分は音楽を毎日1フレーズずつ作ってればそれで幸せなので、それ以降のことは一切任せるとしよう。

 

Y:うん。

 

K:そうすると、いつの間にか自分の通帳に印税が入ってるってことになる。

 

Y:それが「結果」だね。

 

K:そう。求めたわけじゃなくても、本当にいいものを作ってると、それがお金に結びついちゃうと思うんだな。

 

Y:それはあるかもね。

 

K:勝手に結びつくのであれば、あえて追う必要もない。自分は毎日1フレーズの音楽づくりを続けていればいいということになる。

 

Y:うん。

 

K:お金にならなかったとしても、別に求めてないわけだから、楽しい毎日は変わらない。つまり、どう転んだって勝者です。

 

Y:なるほどね。

 

K:野球選手も、結果を出すために毎日素振りしてるんだろうけど、その素振りに楽しさを見出せば、素振りが好きになる。好きになれば続けられる。その結果、打てるようになる。

 

Y:うん。

 

K:結局、好きなものを見つけてそれを続けるか、今やっていることを好きになるか、どっちでもいいから「好き」って言葉を生活の中にいれてあげればいいのさ。

 

Y:趣味もない、仕事も面白くないっていう人は、それが難しいんじゃない?

 

K:その辺の楽しみの見つけ方は、君のが得意でしょ?

 

Y:俺?

 

K:うん。

 

Y:そんなこと全然考えたことないよ。

 

K:嘘つけ。

 

Y:嘘じゃないし。

 

K:ごまかさないで教えてよ。クラスの女子が「Yさんっていつも楽しそうで素敵」って言ってたよ。

 

Y:そうなの?それは嬉しいね。

 

K:だから教えて。

 

Y:じゃ、教えてあげちゃおっかな。

 

K:では、Y先生、お話をお願いします。

 

Y:どうぞよろしく。

 

K:テーマは「つまらないお前の人生を面白くする方法を教えてやる」でしたね。

 

Y:ひでえ(笑)

 

K:ではどうぞ。

 

Y:いや、俺も知りたいよ。何を教えればいいかもわからんし。

 

K:とりあえず何か言ってみて。

 

Y:人生は、楽しんだ人が笑者です。

 

K:ダメだな。

 

Y:いきなり振られても無理だよ。

 

K:じゃあさ、何でスト2とか、ぷよぷよとか、桃鉄とかは強いの?

 

Y:たくさんやったから。

 

K:じゃ、なんて飽きもせずに、たくさんやれたの?

 

Y:好きだから。

 

K:どうして好きになれたの?

 

Y:面白いから。

 

K:なんだこの禅問答。

 

Y:直感なんだから、理由なんて考えたって、わからなくなるだけだよ。

 

K:お、それは恋愛においても言えることですね。

 

Y:そうだね。

 

K:今日聞きたいのは、もともと好きなものじゃなくて、もともと好きじゃないものを好きになる方法ですよ。

 

Y:じゃ、俺は無理だ。俺は好きじゃないものを好きになろうとしないもん。

 

K:そういう奴だよね。

 

Y:なら聞かないでよ。

 

K:毎日ただ通勤するのってつまらないでしょ?

 

Y:うん。

 

K:それを面白くするためにどうしてる?

 

Y:いや、別に。

 

K:車の中で歌ったりしてないの?

 

Y:してるね。

 

K:そういうの他にないの?

 

Y:うーん。電話するとか。

 

K:運転中の電話はしないで下さい。

 

Y:はい。

 

K:ところで、人が面白いと感じることで、共通してることってなんだか知ってる?

 

Y:知らない。

 

K:それは「自分の思い通りに動かせること」だよ。

 

Y:どういうこと?

 

K:人って、何かを自分の思い通りにコントロールすることが楽しいと思う生き物だよ。

 

Y:そう?

 

K:君の好きなゲームもそう。コントローラーで自分の思い通りに主人公を動かせるでしょ?

 

Y:うん。

 

K:だから面白いんだよ。もし、コントロール出来なかったらどう?ストレスたまならない?

 

Y:右押したのに上に行っちゃうとか?

 

K:そう。ジャンプしようとしたのに、波動拳出しちゃうとか。

 

Y:それはそれで面白いかもしれないけど、ストレスたまるね。

 

K:でしょ?楽しいって感じる裏には「思い通り」って言葉がある。

 

Y:ほう。

 

K:ラジコンとかも、自分の思い通りに動かせるから、それだけで楽しい。

 

Y:そうだね。

 

K:野球の監督も、自分の思い通りの試合運びが出来たら楽しい。F1ドライバーだって、思い通りのコース運びができれば楽しい。ピアノだって思い通りに弾ければ楽しい。

 

Y:うん。

 

K:思い通りになれば、なんだって楽しいんだよ。

 

Y:そうかもね。

 

K:素振りの練習だって、そこに「思い通り」を入れれば、楽しくなる。

 

Y:どんな風に?

 

K:自分の描く軌道をスイングする。つまり、思い通りバットを振ることが出来るかってことに集中する。

 

Y:ほう。

 

K:それが出来れば楽しい。ただの素振りでも楽しい。

 

Y:なるほどね。

 

K:妄想に浸ることを楽しいと感じるのも、同じじゃない?

 

Y:妄想の中は思い通りの展開だからね。

 

K:オイラの頭の中で、君をまる裸にしたり出来る。

 

Y:するなよ。気持ち悪い奴だな。

 

K:君がスト2を楽しいと思うのも、思い通りに出来るってところから来てると思う。

 

Y:言われてみればそうかもね。

 

K:すべては、思い通りにするために練習してるといっても過言ではない。

 

Y:うん。

 

K:それを日常に当てはめてみよう。

 

Y:難しくない?

 

K:料理なら、思い通りの大きさに野菜が切れたとか、思い通りの味付けが出来たとか。そうやって「思い通り」を作ることで楽しむ。

 

Y:うん。

 

K:通勤だったら、F1ドライバーになったつもりで道路の真ん中をぶれずに走る、とか。

 

Y:運転するのも疲れちゃいそうだけどね。

 

K:伝票にハンコを押す作業なら、いかに真っ直ぐ、ベストポジションに押せるかに集中するとか。 1分間に何個押せるかを競うとか。

 

Y:ほう。

 

K:単純な流れ作業の中にも、それを楽しくする方法はたくさんあると思うんだよね。

 

Y:そうだね。

 

K:楽しみを見出そうともせず「この仕事はつまらない」って言っちゃうのはもったいない気がする。

 

Y:そうかもしれないけどさ。でも、そこで満足したら、向上心がなくなっちゃわない?

 

K:現状を楽しんでしまったら、抜け出そうとしなくなってしまう、と?

 

Y:そう。

 

K:その辺のことは話すと長くなるから、また明日にしよう。

 

Y:あいよ。

 

K:結局、君には何も教えてもらえなかったね。

 

Y:自分の中で答えを持ってるんでしょ。

 

K:ばれた?

 

Y:俺を思い通りに誘導して、楽しんでるな?

 

K:やっぱり思い通りって楽しいね。

 

Y:そうだろうね。

 

K:じゃ、またね。

 

Y:ばいばい。

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG