具体から抽象へ

物事を理解する順番としては「具体から抽象」です。

いろんな具体例を見て、そこに共通するものを見つけて抽象化していく。

 

例えば

乗用車、バス、トラック、救急車、消防車……

一つ一つが具体例です。

 

それらに共通するものは「タイヤがあること」「人が乗ること」ですね。

それらを「車」と表現します。

 

よって、車は先ほどの例を抽象化したものになります。

 

こんな風に、いろんな具体例があって抽象化していくのが一般的です。

 

 

抽象的なものを理解してから、具体例に落とし込むほうが効率的ではありますが、いきなり抽象的なものを理解するのは難しいですからね。

 

 

英語の場合、いきなり「be動詞というのがあってね」なんて言うよりも、
I am Ken.
You are Ken.
He is Ken.
といった文をたくさん浴びてから、「実はam, are, isのことをbe動詞というんだよ」という方が理解しやすいでしょう。

 

とはいえ、抽象的な概念を知っておいた方が理解が進むという子もいるので、私は結構序盤に「be動詞とは」を教えてしまいますけれど。

 

 

中学2年生や3年生は、それなりに英文を浴びてきたはずです。

なので、もうそろそろ抽象化しても良いでしょう。

ということで、集団授業では積極的に抽象化した概念を教えています。

 

 

例えば「3人称単数」というものを教えて、そのあとで英文をたくさん書かせます。

それまでは特に気にせず「私」「あなた」「彼」「彼女」「それ」などを同列に扱ってきたと思いますが、実はそこには人称という区別の仕方があって……と、授業を展開していきます。

 

3人称単数というのは「この場にいない人やものを指す呼称」というのが3人称単数の概念です。

それが理解できれば「彼」や「彼女」が3人称だということがわかります。

 

 

話している自分自身の呼び方が1人称。

日本語では僕、俺、私、わし、おいらなど1人称はたくさんありますが、英語では一言「I」

 

 

自分の話を聞いている、目の前の人が2人称。

日本語では君、あなたなどたくさんありますが、英語では「you」

 

ちなみに、実際に目の前にいなくても、話相手なら二人称ですので、電話口の相手に対してもYouを使います。

説明するときはわかりやすく「目の前の」とつけてます。

 

そうすると「彼」は二人称ではないことがわかるでしょう。

目の前の話相手のことを「彼」とは呼びませんからね。

 

 

こんな風に、概念がわかったら「じゃあ、ほかに三人称ってどんなのがある?」と聞けばすらすらでてきます。

 

 

この辺まで来ると、抽象的なものを具体的に落とし込むほうが楽です。

 

逆だと「3人称のものを一つ一つ例示して『これらが3人称』」と教えなければいけませんからね。

 

 

 

数学でいえば、偶数というものを説明するときに

2,4,6,8と具体例を示すのは大変です。

無限にありますし。

でも「偶数とはある整数に2をかけたもの」とか「偶数とは2の倍数」と言ってあげれば、具体例をぜんぶ提示しなくてもよくなります。

逆に「じゃあ、偶数を挙げてみて」といえば、いくらでもでてくるでしょう。

 

 

 

 

こんな風に、具体と抽象を混ぜながら、その時々で授業を展開します。

今日の中3Bの集団授業の英語では、抽象的から具体へとやりました。

 

授業の終わりにはすらすら解けていたので、だいぶ成果はあっと思います。

 

 

すらすら解いていくのを見ていると、こっちも楽しくなってきますね。

 

このまま頑張ってもらいたいと思います。

 

 

 

具体と抽象と似たような言葉で「帰納(きのう)と演繹(えんえき)」という言葉があります。

知識を一つ増やしたい人は、ぜひそれらの言葉も調べてみてくださいね。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG