モチベーションを維持しようとするKYな会話

あっという間に、春期講習も折り返ししてしまいました。

友人Y
光陰矢の如し

 

気づけば、1年もすでに4分の1の3ヶ月が過ぎてましたね。

友人Y
光陰矢の如し

 

 

新中1は予定通りの進み具合。

先頭を走る子の進むスピードは予想以上で、今日2年生の計算に進むように指示ました。

彼女が早すぎるだけで、その他の子達も順調です。

 

 

 

新中2は、中1の内容からやり直している子もいますが、その子達もできなかった部分を順調に拾い集めてきているので、先頭との差が詰まってきました。

 

と、思いきや、先頭は先頭で、新中1同様ものすごく速いので、差は逆に拡大してます。

 

でも、ここは焦らずに自分のすべきことを徹底しましょう。

 

 

新中3は全員、社会の歴史を江戸時代まで仕上げるべく、授業をしています。

が、ここが一番の不安。

時間がいくらあっても足りなそうです。

これは私の授業力にかかっています。

ということで、一番の不安の種は私ということに……。

 

清水
がんばります
友人Y
ほんとにがんばれ

 

 

モチベーションを維持しようとするKYな会話

 

 

K:モチベーションを維持するのは大変なことです。

 

Y:そうだね。

 

K:以前、「恋とか、結果とか、あとからついてくるものを追っちゃ駄目」って話をしたでしょう?

 

Y:うん。

 

K:勝利も合格も、頑張った後についてくるものであって、それ先に求めて追いかけると、得られなかったときにガッカリするって話したよね?

 

Y:うん。でも、モチベーションって、「勝とう、合格しよう」っていう思いから生まれるんじゃないの?

 

K:そこ。その話をしようとして、話がそれて、随分と遠回りしてしまった。

 

Y:脱線得意だよね。

 

K:いいの。学校では脱線する先生の授業の方が面白かったでしょ?

 

Y:でも成績は伸びないよね。

 

K:面白い上に成績も伸ばして欲しいなんて、なんて欲張りな奴だ。

 

Y:また話がそれてる。

 

K:じゃ、この話題はまた今度やることにして、モチベーションの話。

 

Y:はい。

 

K:勝利とか合格ってのは、結果だよね?

 

Y:そうだね。

 

K:例えば、ダイエットで「5キロ痩せる」とかも結果だよね?

 

Y:うん。

 

K:勝利や合格や5キロ痩せた先には、輝かしい未来が待ってると思ってる。

 

Y:そうかもね。でもそこまで考えずに、ただ単に勝利したいって思ってるだけかもよ?

 

K:それはそれで構わない。でも、結果を求めてるっていう点では同じだよね。

 

Y:うん。

 

K:プロ野球選手だって営業マンだって、結果を求められます。

 

Y:そうだね。

 

K:世の中のものはすべからく結果を求められてるわけです。

 

Y:そうだね。あと、一応言っとくけど、「すべからく」の意味は「全て」ではないよ。

 

K:え、そうなの?

 

Y:調べてみ。

 

K:まぁ、いいや。とにかく、皆結果を求められてるから、結果を追ってしまう。

 

Y:当然の流れでしょ。

 

K:でも、この結果、追うといろいろ大変なんですよ。

 

Y:そりゃ簡単に思い通りの結果は得られないでしょ。

 

K:何が大変って、モチベーションを維持するのが大変なの。

 

Y:そうだね。

 

K:モチベーションさえ維持できれば、大抵のことはクリアできると言っても過言ではない。

 

Y:初心忘れるべからずって格言もあるしね。

 

K:そう。でも、そう言われて、ずっと持ち続けられるものでもない。

 

Y:状況がどんどん変わっていくからね。

 

K:そういうこと。で、どうしてだろうと考えてみた。

 

Y:うん。

 

K:求めているうちに、自分に負けちゃって、結果はどうでもよくなってきちゃうんだよね。

 

Y:ほう。

 

K:例えば「5キロ痩せる」を目的とする。

 

Y:うん。

 

K:そこにたどり着くために、ジョギングするとか間食をやめるとか、いろいろするわけです。

 

Y:うん。

 

K:でも、なんだかんだでやっぱり辛い。

 

Y:だろうね。

 

K:人は楽なほうへ流れてしまうから、東に楽に痩せられる方法があれば、行ってアブトロニクスを買うと言い、西に今流行ってる方法があれば、行ってビリー隊に入隊すると言う。

 

Y:ビリー隊、楽じゃなさそうだけど。

 

K:でも結局全部投げ出しちゃう。やってるうちに「こんなに辛い思いするなら、痩せなくてもいいや」って風に、気持ちが変化していく。

 

Y:ありそう。

 

K:さらには「ガリガリより、ちょっとぽっちゃりしてる方がいいでしょ?」とか言い出す始末。

 

Y:言いそう。

 

K:彼氏が「無理に痩せなくても、今のままで良いんじゃん?」なんて言おうものなら、それを録音して持ち歩くくらい甘い言葉に弱い。

 

Y:ダメダメだね。

 

K:どこで間違ってしまったんだろうか。

 

Y:途中で気持ちが変化した辺りだね。

 

K:最初の意気込みは良いと思うんだよ。「5キロ痩せる」でもさ。

 

Y:結果を先に求めてるけどいいの?

 

K:うん、そこはよしとしよう。ただ、それだと成功体験が得られる機会が少ない。

 

Y:どういうこと?

 

K:5キロ痩せるというゴールを設定して、それが達成できたと実感するのは、本当に5キロ痩せた時。

 

Y:そりゃそうだ。

 

K:つまり、何週間か何ヶ月を経て、ようやく成功を体感できる。逆に言えば、それだけ時間が経たなきゃ実感できないってこと。

 

Y:一日二日で急に痩せないんだから、そりゃ実感は出来ないでしょ。

 

K:そこ。ゴールが遠すぎるから、心も折れやすい。

 

Y:ほう。

 

K:君は「老後のために2000万円貯めて置こう」と思い立って、「65歳の時に貯金2000万円」をゴールとしたとき、そのために今からずっと頑張れるかい?

 

Y:無理だね。

 

K:でしょ?あと40年も先なんだから、なんとかなると思っちゃうし、そんな先のためにずっと頑張れる方がおかしい。

 

Y:でもダイエットなら長くても数ヶ月でしょ?頑張れない?

 

K:中高受験する小中学生を見ててわかるでしょ?あと3ヶ月って時期になってもまだ本気になりきれない子もいるし、ガス欠でへばってる子もいる。

 

Y:確かに。

 

K:自分に置き換えて考えてみなよ。例えば、あと3ヶ月、毎日腹筋30回できる?

 

Y:できない。いや、でも”入試で合格”みたいな目標があればできるかも。

 

K:じゃあ、毎日腹筋30回を3ヶ月続けたらハワイ旅行プレゼントだとしよう。

 

Y:いいね。

 

K:ほんとうに3ヶ月、毎日できる?

 

Y:できるでしょ。3ヶ月くらい。

 

K:お酒を飲んで眠くなっても、風邪で熱が39度あっても?

 

Y:できないかもしれない。

 

K:でしょ。

 

Y:毎日ってのは大変だ。

 

K:3ヶ月ってのも長いよ。心境の変化は一日一日訪れるから。

 

Y:そうだね。

 

K:ということで、途中で挫折してしまうのは成功体験の少なさが関係してる。

 

Y:でもダイエットの例でいえば、5キロ痩せたって実感するのは、本当に5キロ痩せたときでしょ?そしたら、途中で成功体験なんて出来ないじゃん。

 

K:うん。だからね、ゴールを別のものにしよう。

 

Y:例えば?

 

K:一日間食しなかったら、成功。

 

Y:それなら出来そうだ。

 

K:エスカレーター使わなかったら、成功。

 

Y:それもいけそう。

 

K:さらにジョギングもしたら、自分は凄い奴と思って良い。

 

Y:まぁ、そこまで出来るってのは実際凄いと思うよ。

 

K:ご褒美として、間食にプリンを食べてオーケー。

 

Y:いいんだ?

 

K:でも、そこで食べたら、間食したことになるから、その日の成功体験はなし。

 

Y:なんじゃそりゃ。意味ないじゃん。

 

K:とにかくそうやって、ゴールを近くして、毎日成功体験を味わえるようにする。そうすると、成功する日々が楽しくなってくる。

 

Y:なるほど。

 

K:子供の勉強も、そうやって成功体験を植えつけることで、楽しさを教えるでしょ?

 

Y:そう?

 

K:例えば「掛け算九九、全部言えたね!すごーい!!」とか言って、褒めるでしょ。

 

Y:うん。

 

K:それが子どもにとって成功体験なのです。

 

Y:なるほど。

 

K:だから、「鉛筆を持ったら成功」って思わせればいいんだよ。

 

Y:それでいいんだ?

 

K:教育ママは「正解しなきゃダメ」って言って、勉強してるだけじゃ褒めない。それが良くない。子供は勉強してる姿を見せるだけでゴールに達したと思っていい。

 

Y:そこまで行くのも結構大変だもんね。小学生は特に。

 

K:そうやって、成功を積み上げた後、5キロ痩せたり合格したりと”結果”がついてくる。

 

Y:そうだね。

 

K:この順番が大切なんじゃないかな。

 

Y:わかったけど、聞きたいことが出来たから、明日聞いてもいいかな?そろそろ紙面が足りなくなるから。

 

K:いいよ。空気を読むようになったね。

 

Y:でしょ。

 

K:じゃ、またね。

 

Y:ばいばい。

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG