ハゲとメガネについて語るKYな会話

春期講習も3日終え、だんだん慣れてきました。

要領も得、上手にできるようになったのはLilyっ子達だけでなく、私も同じです。

とはいえ、講習中にブログを書くのも至難の業。

ということで、事前に用意してあるKYな会話をどうぞ。

友人Y
こんなときに便利ね
清水
過去の自分、グッジョブ

ハゲとメガネについて語るKYな会話

 

K:面接でさ、よく長所とか短所って聞かれるよね?

 

Y:たぶんね。あんまり面接受けたことないから、わかんないけど。

 

K:でさ、それの答え方の王道として「短所も長所になりえる」って主張するよね?

 

Y:悪く言えば「優柔不断」、良く言えば「慎重」みたいな?

 

K:そうそう、そんな感じ。そんな風に、物事は捉えようによってはプラスにもマイナスにもなり得る。

 

Y:うん。

 

K:例えば視力。普通、視力が悪くなるのは、嫌だよね?

 

Y:そうだね。コンタクトとかメガネはめんどいしね。

 

K:でしょ?でも、メガネのおかげで「おしゃれ」と言われるかもしれない。

 

Y:うん。

 

K:そしたら、視力が悪いってのもまんざらではない。

 

Y:目が悪くなくたって、メガネかけりゃいいじゃん。伊達メガネ。

 

K:それは邪道だよ。本当は頭いいのに「女の子はちょっとおバカなくらいがモテるから」という理由で天然キャラを演じる女の子をみたら、イラッと来るでしょ?

 

Y:まぁね。

 

K:ということで、メガネは目が悪い人の特権だとして、そしたら視力が下がってメガネが必要になったとしても、それはそれで楽しめる。

 

Y:そういうことにしとこう。

 

K:つまり、メガネには短所をカバー出来る長所があるってことだ。

 

Y:うん。お洒落じゃないメガネなら逆効果な気もするけどね。

 

K:それに比べて、髪が薄いってのは悲惨だ。どう受け取っても長所にならない。

 

Y:そうかもね。

 

K:こんな不公平があっていいものか。

 

Y:諦めるしかないね。

 

K:諦めたらそこで試合終了ですよ。

 

Y:じゃ、お洒落カツラでもかぶる?

 

K:それも一つの手だね。いっそスキンヘッドにして、日替わりで髪型を変えるなんてことが出来たら、それはハゲた人にしか出来ないこと。ハゲの特権と言ってもいい。

 

Y:そんな勇気ある人みたことないけどね。

 

K:まぁね。でも、隠すよりはそういう方が好感持てる気がするけどね。

 

Y:確かに。

 

K:実は他にも、ハゲを長所にする手があります。

 

Y:何?

 

K:ハゲるのは一般的に、年を取ってからだよね?

 

Y:うん。

 

K:そこで、「『ハゲたら、ちょんまげを結える特権』が与えられる社会」にするのです。

 

Y:ハゲの定義は?

 

K:髪の毛の面積が毛根がある頭部の60%以下になること。頭頂部においては、波平より髪が少ないこと。

 

Y:頭頂部は髪の毛一本も駄目ってこと?

 

K:そう。上はつるつるじゃなきゃだめ。じゃないと、カッコいいちょんまげが出来なくなってしまうから。

 

Y:そしたら、ただ髪が薄いハゲは駄目なんだ?

 

K:駄目。そういう気の毒なハゲは、もっとハゲるように励むべし。

 

Y:そしたら、中途半端なハゲは救われないね。

 

K:特権を手にするには、それなりの覚悟が必要なのです。

 

Y:そうか。

 

K:みんながちょんまげに憧れる社会になれば「お!おたくは、ずいぶんハゲましたなぁ。もう少しでちょんまげですね?」「そうなんですよ。早くハゲたいんですけどねぇ。」ってな感じで、ハゲが憧れの的になる。

 

Y:なるのかな。

 

K:若ハゲなんて、大人気。「その若さでちょんまげですか。やりますな。」

 

Y:若ハゲの人は早くそんな社会になってほしいだろうね。

 

K:そうなれば、自らハゲようとする人も出てくる。伊達メガネをかけようと思う人が出てくるようにね。

 

Y:出てくるかもね。

 

K:いっそ、ちょんまげを正装にしちゃえばいいのにね。髪が薄くなるのを必死で抵抗するより、いいんじゃない?

 

Y:まあね。実現することはないだろうけどね。

 

K:キムタクがプライベートでちょんまげにすればいいのにね。

 

Y:影響あるかもね。

 

K:キャッチフレーズは、「ちょ、まげよ。」

 

Y:かっこよくない。

 

K:キムタクが言えば流行るから。

 

Y:無理でしょ。

 

K:とにかく、どんなことでも短所と長所は捉え方次第ってこと。

 

Y:うん。

 

K:ちょんまげ社会早く来てくれないかな。

 

Y:その前に、ハゲない薬が出回る社会の方が早いと思うけどね。

 

K:そんな社会、2年後くらいに来て欲しいね。

 

Y:そうだね。

 

K:そういや君、随分薄くなったね。

 

Y:おやすみ。

 

K:ちょ、待てよ。話はまだ終わってないよ。

 

Y:そういう君こそ薄くなったんじゃない?この写真と比べると。

 

K:じゃ、またね。

 

Y:ばいばい。

 

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG