あとからついてくるKYな話

新中学1年生は皆、やる気があっていいですね。

これから始まるワクワク感がありますね。

 

私も今、小6卒業後の春休みなら、こうやって勉強して良いスタートを切れたのになぁと思います。

少年清水はスーパーファミコンの時間を削る塾なんてもってのほかと思っていましたが、今思えばだいぶもったいないなぁと。

我が子を中1になる前から塾に行かせる保護者様の気持ちがよく分かります。

 

 

 

新中学1年生のように、やる気がある場合の一番学力がつく形態が自立型だと思います。

計算が速い子はどんどん先に行かせます。

「他の子が終わるまでちょっと待っててね」という制限もありません。

その制限を取っ払って、進めるだけ進めさせちゃったほうが、その子のためにもなります。

また、隣の子がどんどん先に進んでいるのを見ると、自分も焦るでしょうから、周りの子にとってもプラスになります。

 

 

 

「今日、数学パーフェクトだったよ!」とお迎えの車の中で言っていた子もいたようです。

清水
お母様からのLINEで発覚
友人Y
かわいいね、新中学1年生

 

 

このまま皆で切磋琢磨して頑張ってもらいたいものですね(^^)

 

 

 

あとからついてくるKYな話

 

K:と、いうことで、始まりました。昨日から続いたテーマ『ニワトリと卵、どっちが先?』について議論していきたいと思います。

 

Y:そんな話してたっけ?

 

K:してなかったっけか。

Y:甲子園を目指すために勝利するか、勝利した先に甲子園があるかってことでしょう?

 

K:そんな話だったっけ?『目玉焼きにかけるのはソースか醤油か』じゃなかったっけ?

 

Y:ちがうね。

 

K:『おすぎとピー子は、おすぎか?ピー子か?』だっけ?

 

Y:それを言うなら「男子か男性か?」じゃないの?

 

K:一体何が何やら。

 

Y:本当の議題は『相手を喜ばせるために頑張るか、頑張った先に相手の喜びがあるか』ってことでしょ?

 

K:まぁそんなところだね。「世の中、良い順番って一体どんなだろう」という、順番について語る回でございます。

 

Y:これって結論でる議題なの?

 

K:ほら、そうやって、結果を先に求めてる。議論していくうちに結論が出るかもしれないでしょ?

 

Y:そうだね。

 

K:小中学校で習うガスバーナーの使い方とかなら、正しい順番がはっきりしてるんだけどね。

 

Y:世の中そうじゃないことの方が多いね。

 

K:じゃあ、今から出すシチュエーションで「どっちが良いか」を答えてみて。

 

Y:あいよ。

 

K:1.利益のために、サービスする。 2.サービスした先に利益がある。

 

Y:考え方としては2かな。

 

K:1.視聴率を上げるために面白い番組を作った。 2.面白い番組を作ったら、視聴率が上がった。

 

Y:2の方がいいかな。

 

K:1.ホームランを打つために毎日素振りの練習をした。 2.毎日素振りしていたら、ホームランが打てた。

 

Y:うーん。これは1かな。

 

K:1.好きになってから付き合う。 2.付き合ってみて好きになる。

 

Y:1のが良いでしょ。

 

K:1.売れる曲を作った。 2.曲を作ったら売れた。

 

Y:2であって欲しいね。

 

K:1.良い人と言われるために寄付した。 2.寄付したら良い人と言われた。

 

Y:2。

 

K:1.準備運動してから、プールに入った。 2.プールに入ってから準備運動した。

 

Y:2は意味ねぇ。

 

K:1.恋を求めて日常生活を送った。 2.日常生活を送っていたら恋がついてきた。

 

Y:2.恋は求めるものじゃないでしょー。

 

K:1.後で助けてもらいたいから、助けた。 2.助けたら、後で助けてもらえた。

 

Y:2だね。

 

K:1.好きだから手を繋いだ。 2.手を繋いだら好きになった。

 

Y:これは2もありだね。

 

K:1.面白いと言われるために日記を書いた。 2.日記を書いていたら面白いと言われた。

 

Y:これは君のことじゃない?2のが良いと思うけど。

 

K:こんな感じ。あとからついてくるものを先に追ってしまうと、なんかいやらしさを感じない?

 

Y:利益を求めてサービスする、とか?

 

K:そう。逆に言うと、「利益が出ないならサービスしませんよ」って言ってるようなもの。

 

Y:でもまぁ、どんなに綺麗事並べても、利益でないのにサービスは出来ないでしょ~。

 

K:まぁね。だからといって、「利益を出すためにサービスしてます」って公言も出来ないでしょ?

 

Y:はっきりとそう言っちゃうのもカッコいいと思うけどね。

 

K:でも順番としては、やっぱり「サービスしたい。相手に楽しんでもらいたい」っていう思いがあって、それが利益に結びつくっていう考えでありたい。

 

Y:まぁね。

 

K:それで利益が出なければ、それは相手が満足しなかったと受け止める。

 

Y:そうだね。

 

K:プレゼントだって、「相手にプレゼントしたい。好きだよって表現したい」っていう想いから始まって、その結果相手が喜んでくれたってのがいいと思うんだよね。

 

Y:うん。

 

K:それなら、もし相手が喜ばなかったとしても、「俺は好きだよってことを表現したくて、それが出来たんだから、それでいい」って言える。つまり、相手の反応に左右されにくくなる。

 

Y:でもそれって、自己満足じゃない?ラブレターを勝手に送りつけて満足してる感じがする。

 

K:言われてみればそうだね。アイドルに熱を上げるオタクみたいな感じかもしれない。

 

Y:まぁでも嬉しいんじゃないの?オタクからだとしても、好きって言われれば。

 

K:「見返りなんかいらないから、このカルティエの財布を受け取って欲しいんだな。も、貰ってくれるだけで、ボ、ボ、ボクは嬉しいんだなぁ」

 

Y:裸の大将が出てきちゃったね。

 

K:山下清にもらったカルティエは嬉しいかな?

 

Y:そりゃ嬉しいでしょ。

 

K:でも、お返しはしなくていいんだよね?

 

Y:まぁ、そう言われたしね。

 

K:正直、質屋行きだよね。

 

Y:現金な奴だね。

 

K:でも、キヨシはそんなこと知らずに、プレゼントしたってだけで満足してるよね。

 

Y:彼は幸せだろうよ。

 

K:「相手が喜ぶかどうかなんてのは、後付けだ」って言った結果がこれだと、なんか虚しいね。

 

Y:本人が幸せならそれでいいんじゃない?

 

K:やっぱり、見返りを求めるべきだね。

 

Y:なんか良くない流れになってきたね。

 

K:恋愛を求めて手を繋ごう。

 

Y:そんなんだと恋愛は逃げて行っちゃうよ。

 

K:後で助けて欲しいから、今助けてあげる。

 

Y:別に助けを必要としてないよ。

 

K:良い人と思われるために寄付しよう。

 

Y:まぁ、それは良いんじゃない?

 

K:面白いと言われるために日記を書くよ。

 

Y:うん。それですべって自滅して、一度痛い目見るといいよ。

 

K:俺が良い奴だから、君のような良い奴が近くにいるのか、君のような良い奴が近くにいるから、俺が良い奴になったのか。

 

Y:君は別に良い奴になってないでしょ。

 

K:そうか。

 

Y:うん。

 

K:じゃあ、またね。

 

Y:ばいばい。

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG