粋なおごり方を考えるKYな会話

清水
今日のKYな会話は2009年頃に書いたやつなんだけどさ
友人Y
13年前?
清水
それくらい
友人Y
それがどした?
清水
今読み返してみると、未来が当たっている気がする
友人Y
どれどれ

粋なおごり方を考えるKYな会話

 

K:超高級料理店は、メニューに値段がないらしいよ。

 

Y:そうらしいねぇ。

 

K:なんで?

 

Y:値段があると、値段が気になっちゃうからじゃない?

 

K:値段がない方が余計気になるだでしょ。

 

Y:そうかもしれないけど。

 

K:お会計の時ってさ、熾烈な駆け引きが繰り広げられるよね。

 

Y:そお?

 

K:お金の恨みは怖いからね。皆必死さ。

 

Y:割り勘でいいじゃん。

 

K:世の中ってのはそう割り切れるものじゃないんですよ。

 

Y:上手いこと言ったって顔してるね。

 

K:デートのときって、おごるタイプ?

 

Y:そだね。

 

K:彼女も、おごってもらうのが当たり前タイプ?

 

Y:そだね。

 

K:嘘つけ。彼女いないくせに。

 

Y:(笑)

 

K:まぁ、そういう風に役割がはっきりしてるなら、それはそれでいいと思う。熾烈な駆け引きに頭を使う必要もないし。

 

Y:でしょ?

 

K:でも、問題はそうじゃない時。「おごるよ」って言うのもなんかためらうよね?

 

Y:そう?

 

K:「いやいや、ここは私が」「いえいえ、私が」「いやいやいや、この前のお返しですよ」「いえいえいえいえ・・・SEY YEAH!!」こんなやり取り、うっとおしいよね。

 

Y:ラッパーがいたね。

 

K:思うんだけどさ、会計が後にある上に、会計するシーンがあるから悪いと思うんだよ。

 

Y:どういうこと?

 

K:会計は最初に済ませちゃって、食べ終わったら店を出るだけにする。

 

Y:ほう。

 

K:そうすれば、財布を出すシーンがなくなるから、「ここは私が」っていうやりとりもなくなる。

 

Y:なるほど。でも、先に会計ったって、いくらかかるかわからないじゃん。

 

K:例えば、店に入って、レジの前を通り過ぎるとき、おごりたい女性を前に歩かせて、自分はさっと2万円くらいをレジに差し出して、そのまま席につく。

 

Y:足りなかったり、おつりがあった場合は?

 

K:おつりはチップとしてあげちゃうか、おつりだけを貰う。

 

Y:いつ?

 

K:普通は、食事が終わって、「会計お願いします」って言うでしょ?

 

Y:うん。

 

K:そして、ウェイターが伝票を持ってきて、お金を払う。

 

Y:うん。

 

K:その時、「ここは私が」って始まっちゃう。財布を出すシーンってのが、ここのことね。

 

Y:うん。

 

K:プリペイド式の場合は、このタイミングでおつりが出てくる。

 

Y:ほう。

 

K:相手が財布を取り出そうとしたのに、「4500円のお返しです」とかウェイターが言うの。お金を出そうとした相手が「え?」って顔をする。

 

Y:そりゃそうだろうね。

 

K:「あれ?まだいくらかとか聞いてないし。え?いつ払った?」みたいなね。

 

Y:それでも「じゃ、半分出すよ」とか言いそうじゃない?

 

K:うん。でも、おつりしかわからないから、いくら使ったのかも分からない。だから、相手も半分がいくらかわからない。で、「いいから、いいから」って言われて、おごってもらう、と。

 

Y:なるほどね。

 

K:気を使わせたくないなら、そんな風に、「お金を出すシーンをなくす」のがいいと思う。こういうことがスムーズに出来るお店はないものだろうか。

 

Y:まぁ、そういうお店とか、システムがあってもいいかもね。

 

K:でも、最初にお金を出すってのは、なかなか難しいと思う。歩いてる途中にサッと出すって、予行演習が必要だ。

 

Y:まぁ難しそうだね。

 

K:それを一瞬で出来る画期的なシステムがある。

 

Y:ほんとに?

 

K:うん。SUICA、お財布ケータイなど。

 

Y:あぁ。なるほど。

 

K:レジの前を通るときに、ピッって。

 

Y:それならスムーズに行けるね。

 

 

K:世の中全て、もう電子マネーで良いよね。

 

Y:そう?

 

K:駄菓子屋とかも電子マネーでいいよ。

 

Y:子供の勉強にならないね。

 

K:大丈夫。そういう社会になれば、勉強の必要すらなくなる。おつりとか暗算しなくても、機械がやってくれるから。

 

Y:なんか淋しいね。

 

K:駄菓子屋のおばちゃんも楽になるよ。スーパーのレジも、おつりの間違いとかなくなる。

 

Y:確かに。

 

K:22世紀には「硬貨?札束?何それ?」っていう社会になってるかもしれない。

 

Y:停電したら、全てがストップするね。

 

K:その頃は太陽光発電とか振動発電とか燃料電池とか、それを超える発電方法が編み出されてたりで、いろいろな方法があるから、停電もしにくくなるはず。

 

Y:本当にそんな世界になってるかもね。

 

K:その頃も、やっぱり傘だけは進歩してない気がする。

 

Y:そうかもね。

 

K:電子マネーが当たり前の世の中でも、相変わらずの相合傘。その相手に気を遣わせまいと、電子マネーでピピッと会計。

 

Y:未来が楽しみだね。

 

K:22世紀になる頃には彼女出来るかな。

 

Y:出来るといいね。出来たら、サラッとかっこよくおごってあげて。

 

K:そうしよう。

 

Y:がんばれ。

 

じゃ、またね。

 

Y:ばいばい。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG