Sunny

得意なことがあったこと
今じゃもう忘れてるのは
それを自分より
得意な誰かが居たから

BUMP OF CHICKEN / 才悩人応援歌

 

 

世の中には、人の夢を打ち砕くほどの才能を持った人が溢れています。

 

将棋の藤井聡太四冠と対戦した人は「こんな人がいるなら、俺はプロになれない」と感じるんじゃないかと思います。

 

野球でいうと大谷翔平選手ですね。「ああいう人がプロになるんだろう」と対戦相手は思ったに違いありません。

 

 

どんな分野でもトップにいる人は、中途半端な人の野望を刈り取っていると思います。

 

 

私も見事に刈り取られた一人です。

 

創作が好きな私は、曲を作ったり、動画を作ったり、漫画を描いたりと、いろんな分野に手を出しています。

 

が、その全てで”本物”を目の当たりにして、諦めてしまうのです。

 

 

 

 

松本大洋。

 

私の漫画家の夢を刈り取った天才です。

 

 

この人に勝つのは無理だと思わされます。

芸術分野なんて勝ち負けじゃないにも関わらず、です。

 

 

 

代表作は「ピンポン」ですかね。

窪塚洋介が主人公で、実写化もされたので知っている人も多いかも知れません。

が、漫画界全体から見たら、一般にはあまり知られてない人だと思います。

 

 

絵が独特なので、苦手な人もいるはず。

食わず嫌いが多いであろう絵柄です。

 

 

ハマる人にはハマります。

構図、セリフ、人間描写。

天才っていうのはこういう人なんだ、とわかります。

 

 

 

 

松本大洋の作品で「Sunny」というものがあります。

様々な理由で親と暮らせなくなった子達が集う施設”星の子学園”で繰り広げられる日常が描かれています。

 

 

この作品を見ると、子供にとって親とは何かを考えさせられます。

 

 

 

 

 

子供にとって、親がどれほど大きな存在なのか……。

 

 

 

 

 

おそらく主人公である春男という小学生は、かなりの問題児です。

学校をサボるわ、同級生を殴るわ、万引をするわ……。

 

施設の職員である、親代わりの足立さん(おそらく40代か50代)も手を焼いています。

 

その春男を別の施設である”四日市ハウス”に預けるという話が持ち上がります。

 

その時、足立さんは言います。

 

 

春男は星の子です。
ワシのそばで更生させなアカンおもいます。

 

それに対し、よぼよぼの園長が言います。

 

それは春男の気持ちか、足立君?
それともキミの自尊心がそない思うんやろか?

 

 

 

さあ、春男はどうなるのか。

 

結末を言うほど野暮じゃありません。

 

 

 

 

気になる人は、ぜひ読んでみてください。

なんなら、私が貸し出します。

 

 

それくらい読んでほしいのです。

そして、SUNNY談義をしたいのです。

 

 

 

 

人を育てるのは、一人じゃない。

 

 

私は毎日Lilyっ子たちを見ていますが、このままずっと成長を見守りたくなってしまいます。

 

 

 

「巣立たなくたっていいんだよ」

その言葉が喉まで出かかったりします。

 

 

 

でも、Lilyっ子一人ひとりを思うのなら、巣立たせることが最善です。

 

 

私がLilyっ子たちにできることは、3月3日でひとまず終わります。

 

 

 

そこから先の成長は、別の誰かにバトンタッチです。

 

願わくは、その誰かも、Lilyっ子たちを本気で想う人であらんことを。

 

 

※Sunnyに興味がある保護者の方がいらっしゃったらLINEくださいm(_ _)m
もともと電子書籍で持っていたのですが、貸し出し用に紙媒体のものも買ってしまいました(笑)

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG