誇らしいLilyっ子達

結婚記念日、日にちは覚えていても、何年だっけ?となりそうな気がしたので、それを忘れないための日にしました。

 

よって、2012年12月12日。

 

清水
これなら年を忘れまい
友人Y
今年は結婚10年なんだね
清水
あ、ほんとだ
友人Y
年、忘れてたじゃん

 

 

同級生の女友達が「30歳になる前に結婚したい」ってことで、30歳の誕生日の直前に結婚してました。

30歳と29歳では精神的に違うようです。

 

友人Y
そんなもんかねぇ
清水
十の位が変わるのが結構大きいみたいね
友人Y
そんなもんかねぇ
清水
体重も49kgと50kgは全然違うってさ
友人Y
そんなもんかねぇ
清水
男で言うなら身長170cmと169cmは違う、みたいな
友人Y
あーそれは確かに違うかも

 

 

 

 

その友達のように、女性は年齢を気にするかもしれないので、誕生日を迎える前のほうが良いかなという思いもありましたけれど。

 

そこは私の「何年かを忘れないようにしたい」という考えを優先させてもらいました。

なので、妻からしたら、誕生日の後に結婚したことになります。

妻もあまり年齢にこだわらない性格なので良かったです。

 

 

清水
だって22歳も23歳も変わらないでしょ
友人Y
結婚早いな
清水
たしかに、今思えば早いな

 

 

ちなみに、私と妻は職場で知り合ったのです。

先輩と後輩って感じですかねぇ。

塾の先生と塾の生徒という立場ではありません。

 

清水
年が離れてるから、そんなふうに見られるっぽい。何人かに聞かれたことある。
友人Y
ふーん

 

 

なんでこの話をしたかというと、今日が2022年2月2日だからです。

私と同じような考え方をする人がいたら、今日婚姻届を出すのがおすすめです。

2が並んでいるので、忘れませんよ。

 

友人Y

今日はもうあと1時間くらいしかないんだけど

 

今日を逃しても大丈夫です。

次は2022年2月22日があります。

 

友人Y
あ、そっちのがいいじゃん
清水
2日より2が多いしね

 

 

2が並んだ今日、明野中の3年生たちは最後の実力テストを受けたようです。

Lilyっ子たちに反応を聞いてみると、今ひとつ。

まあ、テスト後の反応ってそんなものですよね。

 

でも中には「昨日やった天体の部分が出ました」というLilyっ子も。

 

清水
やったね!頑張ったご褒美だ

 

 

今日もLilyっ子たちの成長を感じられた良い日でした。

 

昨日、おうちでの様子をLINEで報告してくれた保護者様の話を書きました。

関連記事

日々是好日。 私は今まで”ひびこれこうじつ”と読んでましたけれど、”にちにちこれこうにち”と読むみたいですね。 まあ、”にちにちこれこうじつ”でも、”ひびこれこうじつ”でも良いみたいなので、私も間違っていたというわけではなさそう[…]

 

そのLilyっ子に「昨日、お母さんから褒められた?LINEでおうちでの勉強の様子を報告してくれたよ」と言ったら

 

「だるっ」

 

友人Y
ぶははは!中学生って感じの反応だね

 

清水
かわいいよね

 

 

眉間にシワを寄せてそんなことを言われても、私には効きません。

 

こんなやりとりも、この仕事の楽しさだなぁと思っています。

 

初対面の人に言われたらショックかも知れませんが、そこは私とLilyっ子の関係がありますからね。

こんなんで揺らぎません。

 

 

 

 

で、その子が、別の子に教えてたのが印象的でした。

 

 

誰かに教えることが、一番勉強になるんですよね。

でも、自信がないと教えることはできません。

自信がないと、友達に教えを請われても「私もわからない」と言って避けるでしょう。

 

 

教えるということは、自信が芽生えてきている証拠です。

 

 

 

この姿が嬉しくて。

 

 

 

 

こんなときは、早速お母様に報告です。

 

 

 

こうやって、お互い自分の知らないLilyっ子たちの情報を共有しています。

 

中学生はそうやって「裏では何でも知られている」という状況は面白くないと感じるでしょう。

 

 

 

でも、義務教育中の子供を、そうやって見守る義務が大人にはあるのです。

 

 

 

 

まあ、さすがに「信じた相手だからこそ言った」という情報は横流ししませんけれど。

 

その辺は、私も中学生という道を通ってきていますので、わきまえています。

 

 

 

関係者には言えないけれど、第三者には吐露できるっていう想いもあるでしょうからね。

 

 

 

今日の「友達に勉強を教えてましたよ」というのは、そういった類のものではないので、速攻でLINEしました。

 

 

 

 

他にも良かったことは、私立に合格したLilyっ子が今も塾に来てくれることです。

毎年、私立高校に合格した後も通塾してくれる子がちらほらいます。

 

 

入試を突破するための勉強ではなく、自分を高めるための勉強。

 

 

やらなきゃいけないという強迫観念に似た思いに背中を押され、ガムシャラになるのが入試の勉強ですが、そのプレッシャーがなくなった状態でする勉強。

 

 

自分で勉強することを選んでする勉強は一味違うということを体感してくれてますかね。

 

 

入試を終えても浮かれることなく、県立受験者に混じっても遜色なく集中している姿がすごいです。

 

逆に、県立受験者達にプレッシャーを与えてくれる存在になってくれるので、私としてもありがたいです。

 

 

 

 

自分もその立場になるとわかりますが、試験って終わったら、その後のモチベーションが著しく下がり、もう上がってこないということもあります。

 

以前、私は同僚たちと漢検2級に挑戦することになり、見事合格したあとは漢検2級の本なんてすぐ捨てちゃいましたし。

 

合格してもなお勉強なんてまっぴらです。

 

 

 

私のような人は少なくないはず。

 

 

だから、そういう人に、合格後も勉強する人はすごいと映るのです。

 

振り返ると、私は高校受験後、全く勉強せずに高校の最初のテストでボロボロにされましたし。

 

当時は「入学前の春休みにきちんと勉強しとけ」なんて言ってくれる人が周りにいなかったのです。

そういう人がいたら人生違っていたかもしれません。

 

友人Y
周りのせいにするの、良くない
清水
たしかに

 

 

他にも、一年生のLilyっ子が、学年末テスト対策のために私が作った進捗表を律儀に守ってくれていることとか。

一日結構な量なんです。

それでも頑張ってこなしている姿を見ると、思い入れも強くなっちゃいます。

 

 

 

二年生も、自分の弱点を見つけて、それを埋める課題を求めてくるし。

こういうことをする子は、もう放っておいても伸びます。

 

 

でも、本当に放っておくわけではなく、学年末テストが終わったら、中3の内容に踏み込んで、1学期中に3年生の内容を終わらせようと話してます。

学年末テスト後が楽しみです。

 

 

 

皆、それぞれが成長しています。

その成長を間近で見られる特等席。

塾講師も悪くないですね。

 

 

 

3年生の受験指導もあと29日。

残り時間に反比例して、この仕事が好きになりますね。

 

 

清水
みんな、がんばれ

 

 

やっぱり今日も良い一日でした。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG