1年生の課題発見

Lilyの1年生達を見ていて思いました。

”時間に対する意識が低い”と。

 

何を見てそう感じたかというと、1問1問を解くのに時間がかかっていたり、1枚のプリントを終えるのに1回の授業で終わらせられなかったりというシーンを見て、です。

 

受験生は言われなくてもどんどん進むし、指示されなくても次へ次へと勉強します。

 

入試が近くなり、受験生のギアが上がっていくので、比べると余計に1年生が遅く感じます。

 

 

でも、これはLilyだけでなく、一般的な事象なんでしょうね。

なぜなら1年生にはまだまだ時間が残されているから。

 

 

42.195kmのフルマラソンで例えると、受験生たちはもう40km地点にいるようなものです。

対して1年生はまだ12km地点くらい。

受験生はラストスパートをかけても全く問題ありませんが、1年生にラストスパートと言ってもピンとこないでしょう。

 

 

時間に追われている場合は自然に解くスピードも早くなります。

また「このプリントが終わるまで帰らない」という発想にもなります。

 

対して、時間に余裕がある1年生は「このプリントは終わってないけど、時間になったから帰ろう」という考えです。

 

お迎えがあるので仕方ないにしても「終わらなかった分は家でやってきます!」となってほしいものです。

 

 

とはいえ、自分が中学1年生だったら、やっぱりやりません。

少年清水は勉強はできるかぎり後回しにする人物でした。

 

1年生は部活もあるし、入試までの時間もあるので、それなりの強度で勉強すればいいんじゃないかなと思います。

 

 

逆に「絶対に成績を上げたい」と考える1年生がいたら、周りを一気に抜けるので、勉強が楽しくなるでしょう。

 

周りが歩いているときこそ、差を埋めたり差をつけたりするチャンス。

 

 

そのチャンスは受験生になると巡ってこなくなっちゃいます。

なぜなら、皆が走り出すから。

 

 

1年生に対しては、勉強の意識を高めることが重要ですね。

 

清水
がんばります

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG