トルネコの大冒険

私が中学生の頃、トルネコの大冒険〜不思議のダンジョン〜というゲームが発売されました。

これは画期的なゲームで、1,000回遊べるRPGというキャッチコピーで宣伝されていました。

 

それまでのRPGといえば、ドラゴンクエストに代表されるように「全滅しても、そこから再スタート」というのが一般的でした。

最初はレベルが1であっても、鍛えてレベル20になったら、例えそこで全滅してもレベル20から再スタートできます。

レベルは年齢的なもので、一度そのレベルになってしまえば、もう戻ることはないというのがRPGの常識だったのです。

 

しかし、不思議のダンジョンは、その中でどんなに強くなろうと、例えレベルが100になったとしても、ダンジョンを出たらレベル1になってしまいます。

一般的なRPGはレベル99など、カウントストップするまであげられ、そこが終着点になってしまいます。

しかし、トルネコの大冒険にはそれがありません。

 

また、入るたびにダンジョンの形が変わるので、まさに1000回遊べるのです。

 

清水
多分少年清水は100回くらい遊んで飽きたと思うけど

 

 

ダンジョンは地下深くに広がっていて、深くなるごとにモンスターも強くなっていきます。

 

初めてプレーすると地下の5階くらいでやられてしまいます。

そうすると、次はまた地下1階からレベル1の状態に戻ってスタートします。

 

何度も全滅して、何度もレベル1に戻されて心が折れそうになりますが、それでもトルネコは不思議のダンジョンに挑みます。

 

そうしているうちに、最初は地下5階までしかいけなかったのが、いつの間にか地下10階、15階とどんどん先に進めるようになります。

 

トルネコのレベルは1に戻っても、経験値を積んだプレーヤーのレベルが上がっていて、うまくなっているのです。

 

ゲームの中のキャラクターがレベル1になっても、現実世界で操作しているプレーヤーの腕が上がっているので、前回より深くまで進めるのです。

 

 

このプレーヤーは現実世界でそのまま中学生に当てはめることができます。

 

テストの過去問を何度も繰り返すプレーヤー。

そのうち、攻略が身についてきます。

そうすると、次は初めて出会ったモンスターでも攻略できるようになるのです。

 

プレーヤー自身のレベルが上がっているからに他なりません。

 

 

解き直しするときも同じです。

最初に解き直しするときは、教科書のどこに書いてあるかがわからないため、時間がかかります。

でも、同じ作業を2回3回と繰り返すうちに、どこに書いてあるかを把握するので、だんだん時間が短くなります。

 

最後には、教科書を確認せずとも頭の中に入っている状態になります。

 

解き直しの時間が短縮されるのももまた、プレーヤー自身のレベルアップによるものです。

 

 

だからまずは経験を積みましょう。

 

 

以上のような話を中学1年生にして、自分で解き直すことの重要性を説きました。

 

県立高校受験の基本は教科書。

まずは教科書を徹底的に読み上げましょう。

どこに何が書いてあるかまで覚えてたら、上位層への仲間入りです。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG