little by little

気温が下がるのに反比例して、受験生たちのやる気が上がっているのがわかります。

今日も朝から塾に来ている3年生。

 

以前は「中1、中2の内容がまだ終わってない人は、午前中から」と強制していましたが、最近は何も言わなくても朝から集まります。

 

当たり前度が上がったという感じですね。

 

 

人にはコンフォートゾーンというものがあります。

日本語で言えば”快適な空間”です。

人はそこに留まろうとし、そこから出ることを嫌います。

 

毎日お風呂に入ることをしていると、それが快適なゾーンとなり、お風呂に入らないことが不快に感じるようになります。

そうなると、誰に言われなくてもお風呂に入るようになります。

 

 

毎日1時間の勉強をする人は、それが快適になり、全く勉強しないと不快になります。

逆に、3時間勉強するのも不快です。

その人にとっては毎日1時間が快適なのです。

 

そうやって、堕落しない代わりに、成長も阻んでしまうコンフォートゾーン。

 

 

毎日3時間の勉強をコンフォートゾーンにするには、少しずつあげていくしかありません。

 

まずは毎日1時間の勉強を当たり前にしたら、その次は1時間10分の勉強を当たり前にして、さらに1時間20分を、といった具合に少しずつ上げていくのが理想です。

 

 

こんな感じで、3年生たちは少しずつ上がってきた感じがあります。

週に2回だった通塾が、3回に増え、4回に増え、気づけば日曜日の午前中も来ている。

 

 

だんだん寒くなり、外に出るのも動くのもおっくうになってくる今こそ、勉強に向いている季節かもしれませんね。

 

 

そろそろ日の短さも底を打ち、これからは少しずつ日が伸びていきます。

勉強時間も同じように伸びていき、伴って学力も向上していくとことを期待しています。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG