インタビュー

びよーんと伸びたLilyっ子の偏差値推移グラフを、Lilyっ子1年生のご家庭にLINEを送ったところ「どんな勉強してるんですか?どんなふうに生活してるんですか?」という質問が来ました。

 

そこで、伸びた生徒さんとそのお母様にインタビューして、答えてもらいました。

それを紹介します。

 

 

ちなみにお母様が言うには、もっともおすすめなのは「自動Wifiオフ」だそうです。

偏差値推移グラフを見ると伸び始めたのは、wifiオフにしてから数カ月後ですので、辻褄が合いますね。

勉強はやり始めてから3ヶ月~半年経たないと上がってこないものですからね。

 

 

 

 

では、私達の質問と、それに対する回答の紹介、いってみましょう!

 

 

生徒さんへの質問

 

wifi制限された後、漫画などのネットを使わない娯楽の時間が増えませんでしたか?
増えたけど、飽きた。
ダウンロードしておけば動画やゲームはネットに繋げなくてもできるけど、面白くない。
だから繋がらないときはやらなくなった。

 

 

家での勉強は何をしていますか?塾での勉強との違いはありますか?
家では暗記系、塾のタブレットでちょっとだけ未習の単元の予習してから授業を受けるようにしている。

 

 

ここ半年くらいで急激に成績が伸びていますが、何かきっかけがありましたか?(ライバルに負けたのが悔しかった等)
小学校の頃から頭の良い友達の成績に近づきたかった。
順位が近づいてきたら越したいと思って越したら抜かれたくないと思った。

 

 

なぜ1年生の頃ではなく、今になって急激に上がったのでしょうか。1年生の頃は、悪い成績をとったときにどう感じていましたか。
前は勉強に興味なかった。
悪い成績は、ヤバイと思った。
なぜなら将来稼ぎたいのにこの成績で稼げるわけがないと思った。
一流の大学に行きたいのにこのままじゃ行けないと思った。
勉強しないと成績があがらないと思った。

 

 

お母様への質問

 

wifi制限をする際に、子供にどう伝えましたか。
母)メディア使う時間のコントロール出来ないみたいだから端末取り上げるね!
息子)嫌だよ。ふざけんな。
母)じゃ、ネットできる時間制限するね。
それでもコントロールできないなら取り上げるね。
息子)それなら取り上げないんだね?分かった。

 

 

 

家で「勉強しなさいVSうるさい」の応酬はありますか?
あります。数回言ってやらなければもう言いません。疲れるから。

 

 

wifi制限以外に、勉強させる取り組みは何かありましたか?(ご褒美や罰など)
ご褒美は特にない、、、
でも勉強する椅子は快適な椅子が欲しいと言われ買い替えました。
私が試験勉強している姿はみせている。
時間作って勉強するしかない大人の短時間集中の勉強法みたいな。
その間は母もメディアオフ。

 

 

子供の勉強を見てあげてますか。子供に「理科をやりなさい」などの指示を出していますか?それとも逆に、勉強に関しては何も言わないでいますか?

勉強そのものは見ていない。

ただ、勉強どぉ?とはよく声かけた。
苦手と得意を何となく把握して、清水先生に報告した。

 

 

 

 

追加で質問

実はここまでは、1年生にLINEを送った当日に回答をいただいていました。
迅速な対応、ありがとうございました。

 

そして、この回答を受け取ったあと、さらに質問が浮かんだので、追加で質問させていただきました。

 

 

 

生徒さんへの質問

 

中1の頃、悪い成績をとってやばいと思っても、その時は勉強にあまり興味がなかったから、あまり勉強しなかったのですか?それとも、その時から勉強していたけれど、成績が上がらなかったのですか?
勉強は同じくらいやっていたと思うけど試験勉強をしていなかった。

 

 

家で宿題しかしないという日はありますか?必ず宿題+αをしていますか?
ある。
宿題しかやらない日もあるけどやる時はやる。

 

 

家でする勉強は、自分で考えたのですか?誰かに言われた(教えられた)のですか?
自分で考えた。
学校のテストはワークを集中的にやった。塾のワーク10にチャレンジした。

 

 

お母様への質問

 

我が子のことを「勉強しなさいと言われなくても、自分から勉強する子」だと思いますか?親が言わなくても勉強していたと思いますか?

言わなきゃやらないと思っていた。実際そうだったと思う。
でも今は、言わなくてもやっている。
まだ足りないと思っているけど。

 

 

子供が本気を出し始めたから協力したのか、親が協力し始めたから子供が勉強しだしたのか、どちらが先でしたか?

うーん、、、親としては前から協力していたと思っている。
勉強しやすい環境は与えて親が家でできるフォローはしていた。
勉強のやり方やテクニックは清水先生にお任せ。それで成績が上がり始め、子供もやれば成績が上がる楽しさを覚えたといったところか。

 

 

編集後記

お母様の答えの中に「清水先生」という言葉が何度か出てきますが、私が誘導したわけではありませんからね!(笑)

 

 

お母様が上手だなと感じたのはWifi制限をかけるときのやり方です。
もし最初から「Wifi制限するからね」と言っていたら反発されたでしょう。
その前に、それよりももっと重い「端末取り上げるからね」があったので「それは嫌だ」と反発されたときに「じゃあ、Wifi制限ね」と譲歩したように見せられるという、駆け引きのテクニックが上手いと思います。

 

 

それ以前に、中1の頃の、成績が悪い頃から「土一に行かせる」と言っていたのが一番だと思います。
たいていは「この成績で土一なんて言えない」と言って封印してしまうところを、さらけ出している強さがあったので、今の結果につながっているのだと思います。

 

 

そして、その想いがあるのですから、家族一丸となってこの後もずっと上を目指して頑張ってくれると思います。

 

 

また、想いだけでなく、「子供だけでなく自分もWifi制限する」「自分も勉強している姿を見せる」というところ、私も見習いたいと思います。

 

 

私の娘も数年後には家で勉強を始めるでしょう。
その時、どう環境を整えるべきか。
このご家庭を参考にして、私も頑張りたいと思います。

役に立ちそうな話(心得・思考)の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG