三大難しい言語

世界の三大難しい言語は日本語、ロシア語、スワヒリ語だそうです。

ロシア語もスワヒリ語もどんな言語か検討もつきませんが。

 

友人Y
ロシア語は変なメールで来るから、どんなのかはわかるよ
清水
それは本当にロシア語なの?
友人Y
・・・改めて聞かれると、そうだと言える自信はない

 

日本語の難しさは表現の多さや、省略によるものじゃないかなと思います。

 

 

例えば一人称は英語では「I」ですが、日本語では「私、僕、俺、おいら、わし、拙者」などなど、いくらでも出てきます。

外国人がこれらを全て覚えるのは大変ですよね。

英語はでは I play tennis.であっても、日本語には「私はテニスをする」「僕はテニスをする」など主語によっていくらでもパターンが作れますし「する」を「します」にしても同じ意味の文になりますので、もう大変です。

 

「わし、テニスするぞい」と書いてもOKなはずですから、採点する方も大変です。

 

 

あとは省略。

日本語ではよく主語を省略すると言われます。

 

「昨日、床屋に行ったよ」と言えば、誰が行ったのかわかりますので、わざわざ「僕は」と言う必要がなく、そういうものは省略してしまいます。

 

でも、英語だとそれはしないのですね。

 

 

 

わかりやすさでいえば、やはり英語でしょう。

 

 

あと文章を書くスピードも英語にはかないません。

日本語は漢字があるので、どうしても時間がかかってしまいます。

 

 

さらに漢字は、読めなくては日本語が理解できません。

 

漢字を飛ばしてひらがなだけで読むと「〜、〜は〜と〜で〜をしました」となり、全く意味不明です。

 

 

 

日本人は常用漢字を中学3年生までに2千字くらい覚えるのですから、凄いですよね。

 

何気なく漢字を使っていますが、このレベルに達するまでにどれだけの労力が必要になるのか……。

私が外国人なら、日本語を学ぶという選択肢は選ばないでしょう。

 

 

それに比べると本当に英語は簡単です。

日本語の漢字にあたるものがないだけでも、ありがたいですね。

 

やはり世界で使われている言語には「簡単に習得できる」という要素がないとダメですからね。

 

まずは簡単な英語を学ぶのは理にかなった方法だと思います。

 

ということで、英語の学習も頑張りましょう。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG