難しくしているのは時間

4歳の娘は、うちの中を駆け回っています。

そこである時、私はソファなどを障害物にして、障害物競走をさせてみました。

 

しばらくすると「もっと変えて」とリクエストが来ます。

今度はクッションも投入して、さらにコースの難易度を上げます。

 

またしばらくすると、「もっと難しくして」と要求してきます。

 

目ぼしいものはすでに使ってしまったので、これ以上難しくするのが難しいという状況になりました。

 

 

そこで私は思いつきました。

 

「じゃあ、10数える間に1周してみて」

「わかった!」

「行くよ、よーいどん!いーち、にーい、さーん… …」

 

懸命に走る娘。

 

何度も何度も「また10数えて」とお願いしてきました。

 

そのうち「もっと早く10数えて」となりました。

 

以降、時間制限を変えるだけで済むようになったので、新たな障害物を作ることもなく楽しめました。

 

 

時間制限というのは、物事を難しくする一番のハードルです。

 

時間制限がなければ、高校入試なんて誰でも450点取れるようになります。

 

友人Y
30年くらいかければいけるかも

 

お金を1億円稼ぐとしたって、300年くらいかけていいならできそうですが、1年でと言われるとものすごく難しくなります。

 

 

簡単な計算も時間制限をつけるだけで難しくなります。

 

 

物事の難易度を決めるのは時間ってことですね。

 

 

 

命が有限である以上、時間制限は誰にでもあります。

 

普段から時間を意識して、ちょっとハードルを高めておくのが良さそうですね。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG