向き合う恐怖

テストをすると、できない自分と向き合わなくてはいけない。

これは思ったより恐怖です。

 

 

ただ好きで漫画を描いているだけなら良かったのに、持ち込みをしてみるとボロクソ言われたりするのです。

 

ただのダンス好きでもステージに立つと、隣の人と比べられ、上手い下手と批評されます。

 

趣味で将棋をやっているうちはいいですが、プロの世界に入ると常に「どっちが強い?」と言われ続けます。

 

 

光の当たらないステージや土俵の下ではダメな自分もうまく隠せますが、ステージや土俵に上がってしまうとそうもいきません。

 

できない自分と向き合わなくてはいけなくなります。

 

 

テストも同じです。

テストなんてしなければ、”できない自分”に知らんぷりしたままでいられました。

でもテストを受けると、テストが”できない自分”にナイフを突きつけてきます。

 

覚えたつもりで曖昧な英単語。

歴史の流れ。

漢字。

 

 

テストを受けなければ気づかなかった”できない自分”

 

できない自分を一度認めて、この恐怖を乗り越えるのが受験生。

 

認めたくないからってカンニングしちゃだめですからね。

 

 

清水
がんばれ

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG