百マス計算と確認テストと存在意義

ここ最近、中1の授業開始時に百マス計算をしています。

毎日のようにやっているせいか、1年生達の計算スピードが速くなりました。

 

そこで、3年生も集団授業開始時に簡単な簡単な計算を取り入れました。

簡単な計算といっても、ルートの計算なので慣れない人もいますけれど。

 

 

1年生は毎日テストをするようにしたら、少しずつ正解数が増えてきました。

また、1コマの時間を上手に使うようになってきました。

 

 

最後に確認テストというアウトプットがあるとわかっているので、インプットをしっかりしようという意識が働くのでしょう。

良い傾向です。

 

 

 

「最近英語ばかりやっていたから、数学が落ちてきた」というLilyっ子がいます。

 

そのお母様に「英語以外もやるようにプレッシャーを掛けてみてください」と言われましたが「こちらからは働きかけをせず、自分で考えてやらせるチャンスでもあると思うので、様子を見ながら手綱を締めたいと思います」と返しました。

 

この子はたぶん、私があれやこれやと指示しないほうが良いはずです。

まだ受験生ではないので時間もあります。

 

自分で考えるチャンスを与えられるのも今だからです。

 

こんな感じで、保護者様に求められても、すんなりYesと言わない場合があります。

 

でも、今回の保護者様はこちらの考えをすぐに理解してくれて「自主性と当事者意識ですね!宜しくお願いします。」と返信してくださいました。

ありがたいことです。

 

 

生徒一人ひとり、できるだけその子に合った勉強をさせてあげたいものです。

 

最終目標は、塾に頼らず自分で勉強すること。

 

達成されたら塾の存在意義がなくなっちゃいますが、それが良いと思います。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG