幹と枝葉

英語の一文は学年が上がるにつれ長くなり、難しくなってきます。

最初は

I am Ken.

から始まり、

I  went to the library.

くらいになり、

2年生になると

I went to the library to study Japanese history.

といった具合に、不定詞と言われる文法を用いて長くなり、

3年生になると

I know the girl who talked to Ken in front of the station yesterday.

となります。

 

日本語で書いてみると

「私は昨日、駅前でケンと話をしていた女の子を知っています。」

ですね。

 

 

日本文にしてみると案外簡単なように見えますが、これは普段から日本語を使いこなしているからです。

 

長い文は「幹」と「枝葉」を分けられるかが、理解度の違いになってきます。

 

私は昨日、駅前でケンと話をしていた女の子を知っています。

という文を例に使いましょう。

 

幹になるのは「私は女の子を知っています」です。

そこに「女の子」を説明するための修飾句「昨日、駅前でケンと話をしていた」があります。

これが枝葉の部分です。

 

 

枝葉をつけることにより、聞き手がイメージしやすいようにしてくれています。

ただただ「女の子」と言われるより、「昨日、駅前でケンと話をしていた女の子」と言われた方がイメージしやすくなりますよね。

 

友人Y
ただ女の子って言われると5歳くらいを想像しちゃうね

 

「駅前でケンと話をしていた」がつくと、小学生高学年〜高校生っていう感じがしますよね。

 

こんなふうに、聞き手にイメージしやすいように枝葉をつけるわけですが、それを慣れない英語でやられると「文章が長くて何を言いたいんだかわからない」となってしまうわけです。

 

 

そこで先程の文章に

私は(昨日、駅前でケンと話をしていた)「女の子」を知っています。

というように、マークをつけてみます。

( )の中が枝葉の部分ですね。

あくまで飾りなので、飛ばして読んでみましょう。

 

私は「女の子」を知っています。

 

友人Y

シンプルになった

 

こうやって、長い一文もちゃんと見るとそんなに難しくありませんね。

 

 

実はこれに気づいたのは、大人になってからです。

少年清水はそんなことを気にせずに、出てくる例文を丸暗記していました。

 

英語のテストを受けるたびに「一文が長くて意味がわからない」と嘆いていたものです。

 

 

なので、まずは「幹と枝葉を見抜くトレーニング」をすると良いんじゃないかなと思うようになりました。

 

そこで、幹と枝葉を見抜くトレーニングプリントを作ったので、明日の中3の集団授業でやってみます。

 

 

何が幹で何が枝葉か。

これを見抜く目を養うことは、英語の文を理解するだけにとどまらず、あらゆる分野で役に立つ能力を育てることになると思います。

 

 

準備ができたら、授業が楽しみになってきました。

では、また明日!

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG