スピードキング戦国時代

1年生の集団授業時に、その場にいる他の学年の生徒も巻き込んで、2で割る百マス計算をしています。

 

1年生にとっては毎度のこと。

でも、その場にいる3年生にとっては突然の百マス計算大会。

 

 

毎日のように百マス計算をする1年生と、たまにやる3年生ではどちらが速いのか。

 

答えは、1年生の圧勝です。

 

 

1週間前には4分かかっても解き終わらなかった1年生も、いつのまにやら時間内にとけるようになりました。

2分〜3分だった子たちも、軒並み1分台に。

 

 

そして私は1年生のM君にはいつも負け、今日Mさんにも負けてしまいました。

 

清水
1年生の伸び、半端ない

 

 

「私の記録を抜く子が出たら、私も参加してあげよう」なんて思ってましたが、そんな悠長なことも言ってられず、毎回本気の勝負です。

 

清水
それでも勝てない……

 

 

負けるのは悔しいですが、それだけ生徒たちが成長しているということで、良しとしましょう。

 

 

 

今日は3年生のNさんをずっと見てるなぁと思ったら、5コマもやってました。

 

5コマ=400分ですので、5時間40分。

 

おかげで課題がだいぶ進みましたね。

 

 

茨城統一テストの結果はほぼ全員ボロボロでしたが、切磋琢磨の雰囲気が出来上がりつつあるので、ここから皆伸びると思います。

頑張りましょう!

塾での出来事の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG