なぜの行き先

なぜを3回繰り返すと本質にたどり着く

 

医者になりたいという人に向かって質問してみましょう。

 

Q1.なぜあなたは医者になりたいのですか。
A2.人々を助けたいからです。

 

そこでもう一度、なぜと問いかけます。

 

Q2.なぜ人々を助けたいですか。
A2.自分も過去に医者に命を助けられたことがあり、今度は自分が誰かを助けたいと思ったから。

 

 

このように、なぜを繰り返すと深いところが見えてきます。

 

 

中学生の志望校に関しても同じです。

なぜ竹園高校に行きたいのですか。

 

その答えにまたさらに「なぜ」。

その答えにまたまた「なぜ」。

 

こうやると本心が見えてきます。

 

 

 

大学受験でも使えますね。

「A大学に行きたい」

 

なぜ?

→「薬学部があるから」

 

薬学部は他の大学にもあるのに、なぜA大学?

 

といった具合に掘り下げていきます。

 

 

最終的には「東京で一人暮らししたいから」なんていう理由かもしれません。

 

恋人がA大学を志望しているから自分も、という理由かもしれません。

 

 

 

たどり着く答えが立派なものじゃないかもしれませんし、むしろ不純な動機かもしれません。

友人Y
「親に怒られたくないから」とかね

 

清水
人ってそういうものだし

 

 

いろんなことに「なぜ」と何回も切り込んで行くと、今まで見えなかったものが見えてくると思います。

 

「なぜ」をうまく使って、すっきりしてくださいね。

 

 

 

ところで、あなたはなぜこのブログを読んでいるのですか?

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG