聞く体制

指導者に求められているのは「聞く体制」を作ること。

 

「俺の話を聞け!」では誰も聞いてくれません。

 

例えば、近所のおじさんがバッティングフォームに口出ししてきたとします。

そのおじさんが元プロ野球選手なら、そのアドバイスに耳を貸すでしょう。

でも、ただの野球好きな、しかも自身はものすごく下手なおじさんだったら、そのアドバイスに耳を貸さないでしょう。

 

 

どちらのおじさんも言っていることは同じだとしても、元プロ野球選手には耳を貸し、ただのおじさんには耳を貸しません。

 

これは当然のことです。

 

誰のアドバイスでも素直に聞いてしまうような、素直過ぎる人は上達するのに遠回りしてしまいます。

 

 

 

先生の話も同じです。

同じセリフが口から出てきていても、そのセリフを誰が言うかが、聞き手にとっては大問題。

自分の好きな先生のセリフならすんなり受け入れるし、そうじゃないなら反発します。

 

 

 

聞く体制ができてない子に話を聞かせても意味がありません。

 

 

眠い子に何を言っても効かないのです。

 

 

うちの娘も、眠くなるとわがままになります。

「そんなわがままは駄目だよ」と言ったところで、聞く体制になっていない娘の耳には入りません。

 

 

物事を理解させたいなら、相手が聞く体制になってから。

 

 

聞く体制ができている子であれば、先生役は親でも兄弟でも、近所のおじさんでも、画面越しの講師でも全く問題ありません。

そういう子はどんな環境であっても勉強できます。

 

 

でも、一般的な中学生はそうではありません。

 

よって、中学生を指導する際、指導者に求められるのは、相手を聞く体制にすること。

 

 

そんなことを娘を寝かしつけながら思いました。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG