計算が得意な子、苦手な子

すらすらと数学を解く生徒と、つまづく生徒を見ていると、ちょっとした差の積み重ねであることがわかります。

つまづく生徒は「54と18で約分できるかどうか」の判断で時間がかかります。

 

もっと言うと掛け算とわり算、さらにさかのぼって足し算と引き算のスピードで圧倒的に差があります。

 

 

計算の得意な子と苦手な子の時間差でいうと

9ー3の計算なら1秒差

12−8の計算だと3秒差

104ー19の計算だと10秒以上の差

くらいあります。

 

これだけの時間差があると、同じ1ページの計算でも得意な子は5分、苦手な子は1時間と、だいぶ差がついてしまいます。

 

同じ1時間で考えるなら、苦手な子が1ページ進める間に、得意な子は12ページ進めてしまうということです。

 

これでは差がつく一方です。

 

 

どこが分岐点だったかというと、小学2年生あたり。

計算をどれくらいやったかによります。

 

 

ということで、今日の中学1年生の授業のときに、百ます計算を取り入れてみました。

 

数学の得点と計算の速さが見事に比例していました。

 

 

この差を放置すると、今後は拡大する一方。

 

得意な子はこのままでOKですが、苦手な子はこのままではまずいです。

 

 

今後も授業時に百マス計算を取り入れていきますが、これだけでは不十分。

あとは自学のときにどれだけ練習できるか。

 

頑張りましょう!

 

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG