真似っ子、こはちゃん

学ぶは真似ぶ。

つまり真似をすることから学びが始まる。

中学時代に国語の先生がそう言っていたのを覚えています。

 

 

でも考えてみれば確かにそうで、すべてのことは真似から始まりますよね。

文字を書くのも、計算するのも、先人たちが積み上げてきたものを真似ることから始まっています。

 

 

そして、人間は「真似をしろ」と言わなくても真似をするものです。

 

 

例えば、子供にゴルフのスイングを教えないで、ゴルフクラブを渡していきなりボールを打たせてみても、たぶん当たりませんし当たってもまっすぐ飛びません。

そのとき、その子はたぶん、まっすぐボールを飛ばす人を観察し、それを真似て、フォームの改善を繰り返すようになるでしょう。

 

 

うまく行かないときは、うまく行っている人の真似をしようとするものです。

 

友人Y
だから成功者が書いた本が売れるのね

 

 

真似ることは本能としてプログラムされていると思います。

そうしないと生き残れませんからね。

 

 

ここで重要になるのは「お手本」です。

真似をするためのお手本が駄目なら、いくら真似ても駄目です。

 

 

習字で、初心者の同級生が書いた下手な文字をお手本にしてしまうと、どんなに上手に真似できても下手な字です。

 

 

ということで、お手本は大事です。

 

 

我が家での子供のお手本はもちろん親である私と妻です。

 

私達がぐうたらしていたら、子供たちもぐうたらします。

 

 

私が勉強していたら、娘もします。

 

 

今日もまさに真似ぶ日でした。

 

 

私がキーボードを弾き出すと「こはちゃんもやるー!」と言って、長女の小春がそばに寄ってきます。

 

ひとしきり楽しんだあと、私が

「さ、お父さんはお勉強するから、こはちゃんは遊んでて」というと

「こはちゃんもお勉強するー」と言って、隣にやってきて鉛筆を持ちます。

 

 

小春いわく「お父さんがやっていると、こはちゃんもやりたくなっちゃう」だそうです。

 

 

鉛筆を使えるようになったので自分の机を与えてあげたら、喜んで机の前に座っていました。

まだ3歳なので、20分もしないうちに興味が別のものに移ってしまい、他のおもちゃで遊んだりしてますけれど。

 

 

今はすべてにおいて真似ぶ時期。

机の前にいない時間も大切な時間なので、そのまま好きに遊ばせています。

 

 

早く小学生くらいになって、計算の競争とかできるようになってほしいですね。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG