広がる行動範囲

未就学児は家の庭。

小学生低学年は自分の地区。

小学生高学年は小学校登校エリア。

中学生は町。

高校生は近隣の市。

 

成長とともに、行動範囲が広がっていきます。

節目は移動手段が変わるときですね。

最初は「徒歩から自転車へ」変わる小学生。

ここで一気にそれまでに比べて行動範囲が広がります。

 

でも小学生のうちは、自分の小学校のエリアの外に行くことはあまりありません。

たいていの友達は同じ小学校にいますからね。

 

 

中学生になると、小学校のエリアの枠を超えて移動し始めます。

中学校でできた友達の家まで自転車で40分かかることだってあるでしょう。

 

高校生になると、学校自体が隣の市にあったりするので、移動距離がもっと増えます。

「バス通学」「電車通学」という移動手段も増えるので、ここでまた行動範囲が格段に増えます。

 

 

さらに大学生になると、沖縄の友達や北海道の友達もできるため、友達の家に行くときは旅行のようになります。

また旅行や留学で海外へ行くこともあります。

移動手段も「車」「電車」「新幹線」「飛行機」となり、それまでとは比べ物にならないくらい広い行動範囲になります。

 

 

 

徒歩から自転車、そして車と変わっていくと「この場所ってこんなに近かったんだ」と感じることがあります。

私の家から小学校までは3kmあったので、当時歩いて帰ると1時間くらいかかりました。

なのでかなり遠く感じていました。

車に乗った今はそこに行くまで5分です。

子供の頃はずいぶん行動範囲が狭かったんだなと感じます。

 

 

でも、当時はそんなことは考えません。

その当時置かれた環境が当然のものと思っているので「隣の県まで行けないから不満」とか思いません。

 

おそらく中学生もまた同じような感じでしょう。

自転車での行動範囲が広がったとしても、大人から見たら狭い範囲。

でも、それに対して中学生は不満を持っていないと思います。

 

今いる世界の狭さを知るのは、その世界を超えたときじゃないとわかりませんからね。

 

 

この暑い中、自転車をこいでLilyに通ってくれている中学生たち。

学校が休みで、本来は家で涼んでいられるはずなのに、炎天下の中自転車で塾に行くって大変ですよね。

こちらとしては有り難いことですが。

 

 

どうか熱中症には気をつけて。

 

こんな暑い中、マスクしたまま自転車に乗ったら、熱中症のほうが心配ですよね。

はやく「自転車中のマスクは外しても良い」としてあげたいところです。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG