親指たるゆえん

人を指すと怒られるけど人差し指。

 

娘がよく聞く歌に耳を傾けると、指の歌があります。

Father finger, father finger, where are you?

Here I am, Here I am, How do you do.

 

Father fingerから始まり、Mother finger, brother finger, sister fingerときて、最後にbaby fingerです。

 

日本語でも、お父さん指、お母さん指、お兄さん指、お姉さん指、赤ちゃん指と見事に対応しています。

 

偶然の一致か、どちらかが輸入した歌なのかはわかりませんが。

 

 

太くて力強いお父さん。

背の高いお兄さん。

ちっちゃい赤ちゃん。

うまい具合にハマっているので、浸透しやすいのでしょう。

 

 

それとは別に、親指、人差し指、中指、薬指、小指という呼び方もありますよね。

 

この名前になった由来は何なんでしょう。

Googleで調べればすぐ答えは出るかもしれませんが、あえてそれをせずに考えてみましょう。

 

まずわかりやすいのは「中指」と「小指」ですね。

中指は5本の真ん中にあるから。

小指は5本の中で一番小さいから。

これ以上の意味は見いだせません。

これらは場所や大きさに特徴があるため、「中」「小」で誰にでも伝わります。

 

 

対して、「人差し指」や「薬指」は場所で説明するにはちょっと面倒です。

2本目の指といっても、どちらから数えて2本目かがわからないので、うまく伝わりません。

 

そこで、機能によって名前をつけたのでしょう。

 

人を指すときに使うから人差し指。

 

薬を塗るときに使うから薬指。

 

友人Y
薬を塗るのは薬指じゃなくても良くない?

 

 

人差し指のほうが細かい作業に向いているので、薬を塗るときも人差し指のほうがいいかもしれません。

しかし、人差し指を薬を塗るために使ってしまっては、もったいないのです。

 

オロナイン軟膏を人差し指に使ってしまうと、スマホの指紋認証のセンサーに人差し指を使うことにためらいが生じます。

 

鉛筆を持つにも、お箸を持つにも、人差し指にオロナインがついていたのでは困りますよね。

 

だから、薬は、あまり使わない指で塗りたいのです。

 

そう考えると、薬指は持ってこないの指です。

普段あまり使わないし。小指よりも大きいので広い面積を塗りやすいし、薬を塗るなら薬指です。

 

 

 

こうやって「人差し指」と「薬指」はそれぞれの機能で名前づけられたと思います。

 

 

謎なのは親指。

 

親指があるのとないのでは大違いです。

親指を使わずに鉄棒にぶらさがってもすぐに落ちます。

親指がないと、鉛筆を持つにもお箸を持つにも苦労します。

 

 

他の四本指にはない存在感を持つ親指。

親指がなければ、他の指はうまく機能しない。

親がいなければ、人生は始まらない。

 

そんなところから親指って名付けられたんですかねぇ。

 

 

とりあえず、自分の考えがまとまったので調べてみました。

 

古くは指は「および」と言い、親指のことを「オホオヨビ」と呼んでいたそうです。

「大指」ってとですかね。

太くて、大きな力を入れられるので「大オヨビ」と言っていたのかもしれません。

 

それが12世紀頃になると「オホユビ」となったそうです。

オヨビという3文字を言うのが面倒になって、ユビという2文字になったんですかね。

 

その「オホユビ」という呼び方が近世まで親指のメジャーな呼称として使われていたようです。

 

しかし明治時代になると「オヤユビ」という呼び方の方が一般的になったということです。

 

 

 

んー、そう考えると親指が「親のような」という意味が加わったのは結構最近のことなんですかねぇ。

 

 

握りこぶしを作ったときに、他の四本指を守るように親指が覆いかぶさるので、そういうところが「親」という言葉とリンクしたのかもしれません。

そして、それが今でも使われているのは、親指を親指と呼ぶことにしっくり来てるからってことでしょうね。

 

 

ちなみに、親指を英語で言うとthumbで他の四本指とは別枠、人差し指を1本目と数えるので薬指がthird fingerとなるようです。

 

確かに「1」って数えるときは人差し指ですもんね。

 

友人Y
お年寄りは親指から数えてない?

 

清水
チョキも親指と人差指で作ったりするよね

 

 

今回の話は、オロナイン軟膏を何指で塗るべきかと考え、薬指で塗ったときに「あ、だから薬指なのか」と気づいたところから始まりました。

 

とりあえず、いろんな呼び方の由来がわかったので満足です。

 

 

しょうもない話にお付き合いくださり、ありがとうございました。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG