実行させる仕組みづくり

わかりやすく教えるのが先生(教える)側の役目。

教わったことを繰り返すのが生徒(教わる)側の役目。

 

 

それぞれの役目を全うすれば、越えられない入試の壁などないのです。

 

 

言葉で言うのは簡単ですが、実際に実行するのはものすごく大変です。

 

で、どちらかといえば、生徒側のが大変だなぁと私は思うのです。

 

 

だって先生側はわかりやすく説明したあと、「これ、100回書いて覚えてね」と言えばいいのですから。

 

100回書くという大変な作業を実行するのは生徒側。

 

 

「教えたんだから、あとはやってね。やらずにできないって言っても、知らないよ」と言える先生側。

 

生徒側は不利な気がします。

受け取る荷物が多すぎるのです。

 

 

そこで、先生側にも荷物を少し負担してもらいましょう。

 

 

先生側「100回やれ」と言う。

生徒側、100回やる。

 

その間に、先生側の負担を入れます。

 

先生側「100回やれ」と言う。

先生側、100回やらせる仕組みを作る。

生徒側、その仕組みにのっとって100回やる。

 

 

これなら、生徒側が100回できなかったとき、責められるのは生徒本人だけでなくなります。

100回やらせられない先生にも責任が及びます。

 

 

先生はいかに「仕組み」を作れるか。

 

人によっては、激怒することで生徒にやらせるかもしれません。

人によっては、ご褒美を用意することで生徒にやらせるかもしれません。

人によっては、熱意で説得してやらせるかもしれませんし、ゲーム化して楽しませることで生徒にやらせるかもしれません。

 

いずれにせよ、生徒に100回やらせて習得させたい先生側は、何かしらの仕組みを考えます。

 

 

その仕組みこそが、各塾の差だと思います。

 

教え方の上手い下手はあれど、大差はありませんからね。

 

教え方よりも、いかに生徒の手と頭を動かし続けられるかが重要だと思います。

 

 

 

そんな仕組みですが、学習塾Lilyはというと、まだまだぼんやりとしていて、形作られていません。

 

清水
すみません

 

Lilyっ子たちと一緒に作り上げていきたいと思います。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG