桜とコロナ

桜にとってコロナなんてどこふく風。

桜が見事に咲いています。

 

至るところで薄ピンク。

わくわくする季節の到来です。

 

友人Y
あと3ヶ月したらもう日が短くなり始めるんだよ

 

清水
そういうことは言わなくていい

 

 

茨城県は桜は入学式のイメージです。

南の方だと、卒業のイメージになるんでしょうかね。

 

1ヶ月くらい咲いてくれれば卒業も入学もばっちりなんですが、2週間も咲かないので春休み中にピークが終わってしまうことが多い気がします。

 

 

 

娘もいよいよ保育園生。

すれ違いの生活が始まってしまいます。

 

そうなる前に、今日は娘の行きたがっていたキッズランドに連れて行きました。

 

世界が広がり新しい友達ができると、親と関わる時間も減っていきます。

 

成長には寂しさがつきものですね。

 

 

親のセンチメンタルな気持ちはどこ吹く風で、コロナに負けない桜のように、これからも明るく健やかに育って欲しいと願います。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG