Vppよりわかりすく

私は、よりわかりやすい教え方はないかを常に追及しています。

こっちのほうがいいと思ったら軌道修正。

 

今回は中学3年生(今後は2年生)の英語に出てくる過去分詞のお話です。

 

英語の動詞は形が変わります。

現在形はspeak

過去形がspoke

過去分詞がspoken

です。

 

実際にはもうちょっと違う形があります。

現在形でも、主語が3人称単数のときはspeaks

現在進行形のときはbe動詞をともなってspeaking

 

こんな感じです。

 

大本の形(=原形)も合わせると5パターンの変形をします。

原形 speak
現在形 speak, speaks
過去形 spoke
現在分詞 speaking
過去分詞 spoken

 

seeの場合

原形 see
現在形 sees
過去形 saw
現在分詞 seeing
過去分詞 seen

 

こんな感じで、それぞれの動詞が変化します。

 

 

ただ、よく見てみると、なんとなーく法則が見えてきます。

 

 

 

また、あ英語の授業で文法を教えるときに「主語」「動詞」と漢字で書くのは面倒なので、記号(アルファベット)を使います。

主語はS、動詞はVです。

 

Vと書いたらそれは「ここに動詞が入る」という合図です。

He (     )  milk.

この( )にはVが入るよね?と言って、(  )に下線を引き、その下にVと書きます。

Vに”drinks”を入れれば「彼は牛乳を飲む」になります。
Vに”bought”を入れれば「彼は牛乳を買った」になります。
Vに”brought”を入れれば「彼は牛乳を持ってきた」になります。

 

このときVと言っても、Vだけでは現在形なのか過去形なのかわかりません。

そこで、原形、現在形、過去形、現在分詞、過去分詞がわかるように、記号に工夫を加えます。

 

原形 V speak
現在形 Vs speak, speaks
過去形 Ved spoke
現在分詞 Ving speaking
過去分詞 Ven spoken

 

このようにVにsだのedをつけて区別します。

なぜsやedなのか。

例えば現在分詞はVingです。

これはわかりやすいですね。

動詞にingを付けるだけです。

speak → speaking

see → seeing

drink → drinking

ingがついているだけなので、VにもingをつけてVingとします。

 

Vingを見たら、「あ、ingをつけて現在分詞にするのね」とわかります。

 

こんな風に直感的に分かるようにしているのです。

 

 

ただ参考書や授業などでは、過去形はVpで過去分詞にVppが使われることが多いです。

これらは英語にしたときの頭文字を使っています。

Verb(動詞)のpast(過去)でVp

Verb(動詞)のpast(過去) participle(分詞)でVpp

だからです。

 

 

今まで私もこれを疑問に思わず「Vppは過去分詞なんだな」と思ってました。

でもよくよく考えてみるとVppでspokenやseenを連想するのは難しいです。

 

 

そこでもっと良いアイデアがないかと考えていたときにVenを使って説明しているサイトを見つけました。

 

清水
これだ!

 

過去分詞ってspoke, seenのように”-en”の形になるものが多いのです。

原形 過去形 過去分詞形
break broke broken
drive drove driven
fall fell fallen
give gave given

 

 

ということでLilyで説明するときは、過去分詞はVenを採用しました。

 

友人Y
じゃなんで現在形はVsなの?

 

現在形といえば原形と似ていますが、主語が3人称単数とき「3単現のs」をつけますので、VにもそれをつけてVsです。

 

友人Y
じゃあ過去形のVedは?

 

これは規則動詞で考えます。

過去形にするにはedをつけますよね。

watch → watched

look → looked

play → played

 

なので過去形はVedです。

 

 

 

以上を踏まえて

原形 V
現在形 Vs
過去形 Ved
現在分詞 Ving
過去分詞 Ven

と表記すれば、直感的に理解できるでしょう。

実は、これらは専門的な本での表記だそうです。

Lilyでもこちらを採用しています。

 

でも大抵の塾や予備校はVpp(Vp.p, p.p)を使うようです。

Venのほうがわかりやすいのに、なんでVppのが広まっているのかは謎です。

 

 

以上、わかりやすさを常に追及していますよというアピールでした。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG