習慣化の方法

習慣化ができないとき、足りないのは意志や努力ではなく「習慣化するシステム」だそうです。

逆に言えば習慣化するシステムを作り上げれば、習慣化しやすくなるということですね。

 

そのポイントは

1.「AならBする」を決めておく

2.20秒ルール

です。

 

まず条件決めについて。

人間は「敵が現れたら逃げる」「食べ物があったら取りに行く」というように、AならBするという風にプログラミングされているので、それにのっとって条件を決めるといいのです。

 

例えば習慣化したいことが「読書」だったとしましょう。

「AならBする」のBに読書を入れるので「Aなら読書する」となります。

 

次に、Aを決めます。

今回は「夕食を食べたくなったら」にしましょう。

 

「夕食を食べたくなったら→読書する」というA→Bが出来上がりです。

 

 

こんな感じで

「お風呂に入ろうと思ったら→腹筋30回する」

「お酒を飲みたくなったら→腕立て10回する」

といったプランも考えられますね。

 

 

中学生で言えば

「ゲームをしたくなったら→その前にゲーム時間と同じ時間勉強する」とかいいですね。

 

ゲームをしたら勉強する、ではなく、勉強してからゲームをするという順番にするための策です。

 

 

ぜひ自分にあったA→Bプランを作って習慣化しましょう!

役に立ちそうな話(心得・思考)の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG