見守るの、やめます。

考える労力を惜しむと
前に進むことを止めてしまうことになります。

イチロー

 

ある保護者様とのやりとりの中で、イチローの名言が頭を過りました。

 

もうひとつ、「ライアーゲーム」という漫画(実写ドラマ化もされてましたね)のセリフも頭を過りました。

 

「信じる」その行為は紛れもなく高尚な事だ・・・、
しかしね、多くの人間が『信じる』の名の下にやってる行為は実は他人を知る事の放棄。
それは決して『信じる』行為ではなく・・・「無関心」。
無関心こそ疑うよりはるかに忌々しい行為である事に多くの人間は気づいていない。
多くの人は誤解しているけれど、人を疑うとはつまり、その人間を知ろうとする行為なんだ。

 

 

私にとって二つの金言を思い出したきっかけの、保護者様のメッセージを紹介させていただきます。

 

 

やっぱり、その都度その都度、考えます。見守るのはやめます。
私も失敗を経験しました。
そして、考えます。これからも

 

 

その子にとって良いのは「口を出す」のか「見守る」のか。

干渉か、放任か。

 

 

しかも、同じ子であっても、時期によってどちらが正解なのかが入れ替わる難問。

 

 

この問いに挑み、「考え続ける」という答えを出した保護者様。

その答えは限りなく正答に近いと思います。

 

 

前に進むことを止めないためにも、考えることを止めないこと。

 

私の胸にもしっかりと刻まれました。

真面目編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG