世をおもしろく

面白そうだからやってみようと始めた蕎麦打ち。

これは私の性格というか考え方が表れているのかもしれません。

 

上手く一言で表しているのが

「おもしろき こともなき世を おもしろく」

という高杉晋作の歌です。

 

 

コロナ禍であることや、次女がまだ生後半年ということもあり、外食から遠のきました。

長女が好きな回転寿司も滅多に行かなくなりました。

まさに「おもしろきこともなき世」です。

 

でも、それをおもしろくする方法、それが手料理です。

 

こんな時代も後押しし、私は毎日蕎麦打ちしています。

 

 

ふとLilyの生徒たちを見渡すと、勉強にもおもしろい・つまらないが存在することがわかります。

数学が得意な子には、誰も解けないような難問に挑戦するのがおもしろいようです。

その子にとっては計算問題はつまらないようです。

 

かといって、計算問題は100%できるかというとそうでもなく、よくミスをします。

計算練習も必要です。

 

そこで、私は制限時間を設けて、その中でやるように指示しました。

 

のんびりやればしないミスも、制限時間の中でやろうとするとミスします。

 

どんなに簡単な問題でも、制限時間により難易度が上がります。

 

このプレッシャーの中で計算する練習が、本番でのゆとりを生むと思います。

 

 

この制限時間ありの計算問題、これもまた「おもしろきこともなき世をおもしろく」ですね。

 

 

勉強がつまらないと嘆く前に、まずは自分で工夫しておもしろくしてみましょう。

 

 

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG