志望校が成績を決める

「肩書が人を作る」とか「制服が人を作る」と言われます。

今までだらだらしていた人も、肩書や制服を与えられるとしゃきっとします。

 

例えば、食事中にテーブルにひじをついて食べていた男性が「父親」という立場になったら、子どもの見本となるべく、正しい姿勢で食べるようになるといった具合です。

 

親になれば、親のふるまいを。

社長になれば、社長のふるまいを。

警察官の服を着れば、警察官のふるまいを。

 

中学生の制服を着れば中学生になり、高校生の制服を着れば高校生になります。

 

初めに肩書や制服といった型があって、その型に合わせるように人間性が作られていくということです。

 

順番は逆ではありません。

いくら社長のふるまいをしていても、社長にはなれませんからね。

 

 

これと同じようなことが塾業界でも起こります。

「志望校が成績を決める」のです。

 

例えば4月に偏差値55の生徒が2人いたとします。

そして、Aさんは偏差値65の高校を、Bさんは偏差値45の高校を志望しているとします。

 

この場合、最終的にAさんの偏差値は65に近づき、Bさんの偏差値もまた45に近づきます。

 

スタートが同じでも、顔を向ける方向が違えば、結果はまるで違ってしまいます。

 

 

もうすぐ受験を迎えるLilyっ子達もこの法則に当てはまっています。

 

直前期の2月。

皆、それぞれの第一志望に近い偏差値に収束しているのです。

 

 

無謀に見えても、第一志望は頑なに押し通しましょう。

その型にはまるように、成績も上がっていきますから。

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG