ガミガミ言わない中2の親

数日前のことですが、中2の子を持つお母様とLINEのやり取りをしました。

 

子どもが勉強しなくても、最近はガミガミ言わなくなったそうです。

 

その日に、別の中2の子を持つ母とLINEしました。

こちらは私の同級生です。

 

同じように、最近はガミガミ言わなくなったそうです。

 

 

反抗期の子を抱え、親も悩むのが「子の中2時代」ですね。

 

 

それまでは小さな反発をしながらも、だいたい親の言う通りにしてくれるのが中1くらいまで。

反抗期の反抗はそれまでとはだいぶ違いますよね。

 

 

このまま親の言うことを聞かせるべきか。

一度自分流でやらせて痛い目見させるか。

干渉するか、放置するか。

 

 

いろいろ考えて、干渉する方に舵を切るのが子どもが中1くらいまで。

放置する方に舵を切るのが中2。

 

そういう親が多いのではないかと思います。

私はまだその岐路に立っていませんが、立つことを想像してみると「放置」を選ぶと思います。

 

 

子の性格もありますし、どちらが正解というわけではありません。

 

 

やっかいなのが「反抗期の終わりがいつかよくわからない」ってことですね。

中2の3月で反抗期が終わって、中3の4月からは親の言うことも聞くよって切り替わってくれればいいんですが、そんなにはっきり切り替わる子なんていませんからね。

 

 

今回は放置派の2人と話をしましたが、干渉派の人たちももちろんいます。

 

で、それぞれの子の成績を見てみると……

 

放置派、成績が上がった50%、成績が変わらないまたは下がった50%

干渉派、成績が上がった50%、成績が変わらないまたは下がった50%

 

 

結局、どちらも同じ……。

 

 

清水
中学2年生は難しい

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG