忘れるという優しい機能

人は必ず、何かを忘れます。

それは人間に備わっている標準的な機能です。

 

 

勉強している人にとっては、その機能はいらないと思うでしょう。

でも、忘れられないのは苦痛が多いと思います。

 

 

私が毎日楽しく生きていられるのも、たぶん何かを忘れているからでしょう。

今でも初恋の失恋の傷を忘れられずにいたら、前に進めなくなっちゃいますからね。

 

 

 

そんな優しい機能ですが、受験生にとってはいりませんよね。

でも残念ながら、それを取り外すことはできません。

 

 

 

人は必ず忘れます。

 

 

だから諦めろと言うのではなく、その機能をわかった上で行動するべきだと言いたいのです。

 

 

忘れないためにはどうするか。

 

これを考えて行動すると、忘れたくないものは忘れにくくなります。

 

 

一番効果的なのは繰り返すこと。

 

 

でも、繰り返して覚える作業をする時間がない場合に有効なのが「忘れたときに思い出す方法を作っておくこと」です。

 

 

 

例えば11〜20までの数の2乗の数を覚えるとします。

11×11=121
12×12=144
13×13=169
14×14=196
15×15=225
16×16=256
17×17=289
18×18=324
19×19=361
20×20=400

 

これらの数字を覚えるとき、丸暗記で16の2乗まで覚えられたとします。

でも17、18、19はすぐ忘れてしまう……。

 

そのときは「忘れるのは仕方ない。でも忘れたときに思い出す方法を考えよう」と思いましょう。

 

 

 

「一の位×4と一の位×一の位の一桁をすれば思い出せる」という具合に。

 

友人Y
どういうこと?

 

 

17×17で説明しましょう。

一の位は7ですね。

それに4をかければ28。

 

さらに、7×7をすると49だから、その一の位の9。

 

28と9で、289。

 

 

 

18×18なら

一の位の8に4をかけて32。

8×8=64、の、一の位の4。

32と4で、324。

 

 

19×19なら

一の位の9に4をかけて36。

9×9=81、の、一の位の1。

36と1で、361。

 

 

ということで、

17×17=289
18×18=324
19×19=361

 

 

百の位と十の位の数が「×4」になっているのは偶然です。

17、18、19以外には使えません。

 

でも「一の位×4と一の位×一の位の一桁をすれば思い出せる」ということを忘れなければ、その3つは思い出せます。

 

1行覚えるだけで、3つの記憶を引き出せるのです。

 

 

 

17×17=289
18×18=324
19×19=361

 

友人Y
これくらいなら丸暗記したほうが早いんじゃ…

 

清水

例えが悪かったか……

 

 

とりあえず伝えたかったのは、忘れることを前提に行動しなさい、ということでした。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG