誰かのための500円

人は自分の影響力によって、幸せに生活できる人が多少増えたほうが、人間は幸せを感じやすいそうです。

 

 

A. あなたに500円渡すので、使い切ってください。

B. あなたに500円渡すので、誰かにあげてください。

 

そんなふうに言われて500円を渡された人が、その後その500円を処理した後の幸福感がどうなるのかという調査があり、この場合、Bの方が幸せを感じやすいらしいのです。

 

 

Aは自分が500円をゲットできていて、Bは自分には500円が残らないにも関わらず。

 

 

その500円で誰かを幸せにすることが、自分も幸せになるということですね。

 

 

幸福は香水のごときものである。人に振りかけると、自分にも必ずかかる。

ラルフ・ワルド・エマーソン(アメリカの思想家)

 

 

この記事を書いたきっかけは、私の3歳の娘を見て。

 

食後に皆でみかんを食べようということになり、そのみかんを取ってくると一人部屋に向かった娘。

最初に持ってきたみかんは、おじーに。

次は、おばー。

お父さん、お母さんと続いて、自分のは一番最後。

 

 

3歳の子供なんだから、まず自分のを取るだろうと思っていた大人たちの考えに反して、自分のを最後にする娘。

 

 

清水
なんていい子

 

 

教えたわけじゃないのに、なんでできるんでしょうね。

この子の性質みたいなものですかね。

 

 

偉いねと、たっぷり抱きしめてあげました。

 

 

 

娘はきっと、500円を誰かのために使う人になってくれるでしょう。

 

清水
というか、もうなってるし

 

 

娘から学ぶことはまだまだたくさんありそうです。

 

 

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG